NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:音( 75 )

春分

春ですね。

椿が咲き梅も咲いた。

林試の森公園では河津桜の見頃だそうです。

今夜は先程から北寄りの強い風が吹いております。

南の強風ですですと春一番なんですが、今年は12年振りに春一番の吹かない年(統計では8年に一度春一番が吹かない年があるそうです)。

冬の寒さは無くなりましたがまだまだ寒くて春を感じるような感じではありません。

3月も残す所あと10日でもう4月ですよ。

春というと明るいイメージですが5月に40になる私はそうそう明るい訳でもなく、色々と思う所もあるんですね。

本当ならミポリン(先程TBSでカシオペアを使ったドラマを佐藤浩市さんとやられてました)の、「色、ホワイトブレンド」なんか春っぽくて良かったり(知らない人も多いでしょうが名曲ですw)、おにゃんこ世代(家電芸人の土田さんとタメ年です)の私は「じゃあね」って曲の”春はお別れの季節です”なんてフレーズが好きな訳なんですが大台の40前の私は渋く葉巻の匂いに包まれこんな気分。




















韓流ブームが続いてますがチョーさんVer.の歌も良いんですよね!(渥美さんや五木さんモネ〜)

80年代初頭は韓の方々も日本流に控えめで好感が持てたな。。。(軽く30年前)

私も年を取ったものです(笑

元々演歌は好きなんですがジェロで再び演歌の良さを再確認(因にジェロのブログもチェックしてますが個人的感想で言うとスゲーつまんないブログですw)。

ジェロも海雪のヒット以降イマイチですが実力あると思いますんで続けていれば再び良い歌に恵まれるでしょう。(海雪も秋元康氏なんですよね。おにゃんこ時代〜川の流れのように、AKBとそれ以前からアイドルやってますが凄い人だなw)

そんな訳で春分の日 昼寝なんかしてしまい眠れない夜に行った事のない釜山港を思う私でした。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-03-21 02:03 |

Automatic

昨日は詩人で批評家の吉本隆明さんという方が亡くなられたそうです。

ツイッタ—上では知識の豊富な方々が色々な想いを呟かれていた。

私は全く知らなかったが戦後の左翼思想の第一人者だとか様々な人に影響を与えた凄い人だったようだ。

よしもとばななさんの父上であるらしい。

糸井重里さんなんかも交流があり何度か死についても語り合ったそうだ。(ご本人は町内会で貸し出してくれるテントでも借りて葬式を出してくれれば良いと語っていたようです。)

この方が亡くなり本当に昭和が終わったと感じる人も多いそうです。

今朝新聞を見ていると「七回目のベルで」の文字が目に入った。

a0175545_15334667.jpg

とても印象的なその一文で「あ、何の歌だっけ?」となり読んでみると読売新聞編集手帳に吉本さんの事が書かれていた。

記事の通りだが87歳で亡くなった方が16年前のヒット曲ですから61〜2歳の頃に溢れたこの曲を聴いて6でも8でもないと思ったのだろうか?(いつの本に書かれた事かはわかりませんが)

私も「七回目」の文字でこの記事を読んだ訳だが人に印象を残すには最高の文字と数。

ミリオンヒットした曲にはこういった要素あるのだと感心したと同時に60過ぎのオジサンがこういった所に目をつけていた事に驚いた。

さすが詩人で批評家だとあらためて吉本さんの凄さを感じた朝の事でした。



そういえば最近話題になっているマインドコントロールで消えてしまったオセロの方がこの曲のモノマネが得意だったな(笑
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-03-17 16:12 |

Calling you



現在も3千人以上の津波の犠牲になった行方不明者を誰かがずっと探している

早く戻るべき場所へ戻れる事を祈ろう

呼ぶ声が届く事を願います。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-03-11 20:02 |

雨の週末

a0175545_1914642.jpg


皆さん如何お過ごしですか?


[PR]
by ya-bi-tu | 2012-03-09 19:28 |

愛は偉大な物 The Greatest Love of All

毎日毎日ホイットニーを記事にされコメント下さる方も困ると思います(笑

そろそろ終わりにしようと思います(スイマセン)。

ここはメジャーで〆括ろうと私の1番好きな曲を。

何も語る事はない皆さんもご存知の曲です。



素晴らしいですね〜!


実はこの曲はカヴァー曲でこんな大先輩も歌っております!



素晴らしいですね〜!

後にホイットニーもライブなんかではこのアレサ風な歌い方で歌う事が多くなります。


そして元がこの方なんですね(笑



素晴らしいですね〜!

ジョージベンソンとアレサフランクリンは1977年の同時期に歌っているのでジョージベンソンの歌を気に入ったアレサフランクリンが曲のカヴァーを申し出た物と思われます。


これは変わり種というかダンスミュージックに仕立て直した物。

邪道と言われるかもですが私の好きなハウスミュージックに変えられアップテンポに



どうでしょう?

シットリと聴かせる曲が元気な感じに聴こえませんか?

きっとホイットニーもどこかでこのヴァージョンを聴いた事があり面白がったのではないかなぁ〜と勝手に想像します(笑

元の曲の焼き直し(ジョージベンソンからアレサフランクリンそしてホイットニー〜リミキサー)

それぞれが元の名曲の味を殺さず楽しんでる感じが凄く好き。

一応これでホイットニーの追悼シリーズは終わりにしようと思います。(またやるかもですがね)
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-02-22 03:09 |

Keep On Dancing



ホイットニーの葬儀を見て思った事は

彼女は明るい人で笑いの絶えないような環境で暮らしてきたのだと感じた

姪っ子を見てると思うが、楽しさを追求したような生き方が垣間見れる。

嫌だと泣くし、絶えず笑顔で居るような状態が本来の人間の生き方なのだろう。

大人だからとかじゃなく純真無垢な者だからこそ出来る回りをハッピーにする巻き込み感

それが平和ではないが全ての事に反映されるのであろう。

言い訳は要らない

シンプルに楽しく過ごす事の重要さを忘れてしまってはいけないと思う。

そういった意味で最後に彼女らしい曲を

聴かせる曲は勿論素晴らしいが彼女の明るさと本質はここだと思います。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-02-20 20:26 |

東京タワーのおもひで

a0175545_1574599.gif




先日の東京タワーでのライブの動画がupされていました!

私はこのカメラの真後ろで見ていたので目線は全く一緒(笑

一昨日、地元の先輩のバーで飲んだんですがライブの夜中に二人が来店したらしく「タワー展望台は暖房を強めるとガラスが曇ってしまうので暖房は殆ど効いておらず、ギターの指が動かなかった」となおきさんは大変だったようです(笑

当日、私はFAKIE時代の45rpm4曲入りアナログをget。

下のタワーのストラップ(ダサイです)とお土産にしました!

レコード5000円ストラップ350円

おもひでプライスレス(ふる〜w)

a0175545_1574539.jpg


因にこういったイヤげ物を欲しがらないCにも無理矢理買い与えたら何気に気に入っていた(笑
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-02-17 15:07 |

1years ago(ホイットニーⅢ)



昨夜もホイットニーの名曲を何曲か聴いておりました。

先日、中期のアイムユアベイビートゥナイトが好きだと書きましたが、久しぶりに初期の歌を聴き、あらためて初期の歌の素晴らしさを再確認。

ホイットニーは母はシシーヒューストンというゴスペルシンガーで、エルビスやアレサフランクリン等のバックコーラスもやっていた人。

そして従姉妹にはディオンヌワーウィックが居る。

名前は知ってるが顔がって人も多いかと思うが、見れば「あぁこの人か!」という超有名人でありインパクトのある顔をしています。

上の動画は去年のグラミーでのプレオープニングパーティーの様子。

ディオンヌが85年にヒットさせたエイズ基金の曲でスティービーも参加した有名な曲です。

それをホイットニーと歌ったんですね。

動画は他の物で二人の顔が映っている物もあるが、私はこの引きの感じが好き。

この動画がupされたのは去年の今日である。(収録日は不明だが同じ頃であろう)

良い母、良い従姉妹に恵まれたホイットニー。

歌の途中、画面左からやってくるが足が悪いのか歩きがおかしいように見える。

昔の声は出てないが年相応に渋い声で楽しそうにディオンヌと歌う姿が微笑ましい。

ディオンヌのように渋いシンガーの未来があっただろうに

この歌も本当に素敵な曲で好きです。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-02-15 12:29 |

この曲にピンときたらアラフォー(ホイットニーⅡ)

ホイットニーの続報が入ってきましたね。

精神安定剤を服用し湯船で発見されたと言う事。

今年に入ってからの破産報道、先日の車でのパパラッチ写真等や本当なら先程出るはずだったグラミーでの歌の披露(嫌な報道の後の舞台ですから精神的に追いつめられていたのか)。

先程行われたグラミー賞では、Jennifer Hudsonが『I Will Always Love You』を歌い追悼したようです。

今夏にはモータウンを題材とした主演映画の公開も決まっていたようで、本当なら良い方向に転がるはずであっただろう彼女の人生。

TVでは気になる彼女の死因や最近の生活ばかりを報道されているのは仕方ないか。

一方ラジオでは彼女の良い部分をクローズアップして曲を流し本当の意味で追悼しているようである。

彼女の有名な曲は様々な所で今後も特集されるであろう。

一応、自称お宅DJの私が紹介するからには先日に引き続き一捻りして他ではあまり紹介されないであろう彼女の良さを思い出し染みじみと浸りたい訳である。

またもデュエットでジャクソンファミリーのジャーメイン・ジャクソン(MJの兄でまぁ問題児)とのデュエットですね。

アラフォーupの人は聴き覚えがあるでしょう。

コテコテに黒い感じが彼女らしいというか、ジャーメインのような素晴らしい黒人シンガーの真骨頂。



この曲に感化された和製ブラックシンガーがアンサーソングのような曲を出し姉弟で大ヒットさせました。(イントロなんかは丸々パクリですね)

ホイットニーはメインも張れますが実は有名所のバックコーラス時代があり、とても上手い。

この曲も彼女の良さが良く出ている名曲だと思います。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-02-13 14:02 |

ホイットニーが死んだ

つい数日前にツイッターで誰かが拾ってきた車の助手席で酷い顔、髪型のホイットニーをみかけたばかりだった。

本当の意味で洋楽を好きになったのはホイットニーが最初だったかもしれない。

私が中学の頃にホイットニーの「そよ風の贈りもの」が世界的にヒットした。

ビジュアルも良かったし、歌声はこれまで経験した事のないような伸びやかで澄んでいてパワフルだった。

当時、音楽を聞く人なら一家に一枚って位に有名なアルバムだった。

そして次のアルバムが私がホイットニーで最も好きなアルバムとなる「アイム・ユア・ベイビー・トゥナイト」である。

一番脂が乗ったアルバムではないかと思う。

音も当時最先端で凄く格好良かった。

その頃かヒップホップで名を馳せたボビーブラウンと結婚

とてもお似合いのカップルであったが色々と問題もあったようだ。

そして映画ボディーガードで頂点を極めた。

その後の活躍は特に目立つような事はなかったが、これまでの売り上げで1億ドルの財産があると言われ普通であれば大御所であり、数年に一度新曲を出し売れなくたって関係なかっただろう。

旦那の素行の悪さからか、麻薬問題も早期に報じられていた。

先日の写真は酷いものだったが、まぁ誰だって老いるし、麻薬だってアメリカのスターとはそんなもんだろうと思う。

しかし午前中に報じられたニュースではビバリーヒルズのホテルで死んでいた所を発見されたようだ。

48歳というまだまだな年齢だが100億円以上有った財産もなく破産寸前だったようである。

人の幸せは金じゃないと言うが、典型的なスターの栄光と挫折を味わったのだろう。

本当のスターらしい生き方と言えばそれまでだが、綺麗で可愛らしい黒人シンガーの死は私もショックであった。


彼女だけではないデュエット曲だが私の好きな曲を



洋楽の素晴らしさを教えてくれた彼女が安らかに眠れるよう祈ります。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-02-12 13:40 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30