NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:映( 75 )

ミスティック・リバー

サタ☆シネ「ミスティック・リバー」

<クリント・イーストウッド監督作品> 少年時代に忌まわしい誘拐事件を体験しバラバラになった3人の男たち。悲惨な殺人事件を通して再会した彼らに待ち受ける運命とは?
出演者
ショーン・ペン ティム・ロビンス
監督・演出
監督
クリント・イーストウッド
製作年/製作国
2003年/アメリカ
番組内容
傑作ミステリー小説を、C・イーストウッドが完璧なキャストを揃えて映画化!少年時代に忌まわしい誘拐事件を体験し、以来離れ離れになった3人の男性が、25年後に殺人事件を通して再会する物語を重厚なタッチで描く。ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケヴィン・ベーコンのいずれ劣らぬ実力派の競演は必見。この作品で、ショーン・ペンは第76回アカデミー賞主演男優賞、ティム・ロビンスは助演男優賞をそれぞれ獲得した。
ストーリー
雑貨店を経営するジミー(ショーン・ペン)、平凡な家庭を築くデイヴ(ティム・ロビンス)、刑事のショーン(ケヴィン・ベーコン)は、かつてボストンのイーストバッキンガム地区で少年時代を共に過ごした幼馴染。彼らには、忌まわしい事件の思い出があった。彼らが11歳の頃、3人でいつもの様に遊んでいたところ、ジミーとショーンの目の前でデイヴが見知らぬ男に誘拐されたのだ。その後デイヴは無事保護されたものの、性的な凌辱を受けた彼は、心に深く傷を負うこととなる。誘拐事件以来会うことのなくなった3人だったが、その25年後、彼らは悲惨な事件を通して再会を果たすこととなる。ジミーの19歳の娘が何者かに殺害され、殺人課の刑事としてショーンが事件を担当することとなったのだ。被害者の父となったジミーは、犯人への激しい怒りを募らせるが、捜査線上に容疑者として浮かび上がってきたのは、かつての友人・デイヴだった。


これまた前回のマットディロンと同時期に私の年代のスターだったショーンペン(マドンナの最初の旦那)が出ています。

この二人は本当に格好良かった。

私からするとショーンペンとケビンベーコンが同級生という設定にいささか違和感は覚える。

ショーンペンの体型は若い頃からそれほど変わりはないが、年相応に白髪で自然で良い。

映画はアメリカの犯罪とそれを引き金に負の連鎖が始まる逃れられない定めか。

前回同様悲しい話である。

私はショーンペンが大好きだったので随所にみえる若い頃から変わらぬ格好良さがみれて満足だった。

アイアムサムなんかで演技派な役者だが実生活バイオレンスだったショーンらしい役で彼の魅力はこれだと思う。

マドンナとの婚姻中もパパラッチをぶっ飛ばすような問題児

それがショーンの本質

ワルはどんなに丸くなっても目付きが違うのであるな!


[PR]
by ya-bi-tu | 2012-02-05 05:22 |

クラッシュ

ザ・ショータイム「クラッシュ」

第78回アカデミー賞 作品賞・脚本賞・編集賞 主要3部門受賞 全世界が震えた、衝撃と感動のヒューマンドラマ
出演者
出演
サンドラ・ブロック,ドン・チードル,マット・ディロン,ジェニファー・エスポジト,ウィリアム・フィットナー,ブレンダン・フレイザー,テレンス・ハワード,タンディ・ニュートン,ライアン・フィリップ(他)
番組内容
全世界が震えた衝撃と感動のヒューマンドラマ。ロスのハイウェイで起こった1件の事故が思いもよらない「衝突」の連鎖を生み、運命は狂わされていく。刑事、自動車強盗、地方検事とその妻、TVディレクター、鍵屋とその娘、雑貨屋の主人とその家族。人種も階層も異なる人々がぶつかり合う時、憎しみと悲しみが生まれ愛はすれ違う。運命に翻弄される彼らが、その先に見る希望。それは誰もが流したことのあるあたたかい涙だった。
受賞歴
第78回アカデミー賞 作品賞・脚本賞・編集賞 主要3部門受賞
監督・演出
ポール・ハギス
制作
2004年アメリカ


負の連鎖というか、時に−と−で+になるような何とも言えない内容。

善人が一瞬の判断の間違えで悪人に

悪人は本当のワルではなく人間味を持っていたり

不条理というか現実は奇なり

陰&陽 表裏一体 偶然が必然


[PR]
by ya-bi-tu | 2012-02-02 00:05 |

ディセンバー・ボーイズ

映画天国 「ディセンバー・ボーイズ」

見どころ
孤児院で育った4人の少年たちの夢。それは家族を持つこと。彼らがどうしても叶えたいその夢が、友情さえも危うくする。やがて来る夏の終わりに、彼らは何を見つけるのか?

内容
夏休みを海辺の村で過ごす、孤児院で育った4人の少年たち。彼らがそこで出会ったのは、養子を迎えようと考えている一組の若い夫婦。孤児院では、自分たちより幼い子が養父母のもとに引き取られていくのを、いやというほどみてきた4人。自分たちの番はもう永遠にやって来ないのではという不安。そして、今度こそは選ばれたいという切実な思いに揺れていた。そんな中、一番上のマップスは地元の少女ルーシーと初めての恋に落ちる。

キャスト
ダニエル・ラドクリフ
クリスチャン・バイヤーズ
リー・コーミー
ジェームズ・フレイザー
テリーサ・パーマー

監督・演出
ロッド・ハーディ

制作
2007年 アメリカ


ハリーポッターのラドクリフ君が昔の子供を演じています。

舞台は60年代頃か

ちょっとスタンドバイミーチックな雰囲気の映画

海で過ごす夏休み

現場が凄く美しい湾で映像も中々楽しめる

湾には主の魚が住んでおり老人と海ではないが一人の老人漁師が居る

最終的にその魚が打ち上げられてるのだがクエのような巨大な魚だった(笑

当時の竿やリールも懐かしく釣りの観点からも面白い

ラドクリフ君が恋をするんだが女子がかなりエッチな感じでケシカラン

私は特に最後のシーンで皆が老人になって湾で再開するシーンが良いと思ったが

特に面白いとか心に残るという映画では無く、あるひと夏を記録したような映画だった。

のんびり映画が見たい時向けだが一カ所セブンののようにドキッとさせられるシーンがあった。

そこだけ凄く驚いた(笑

a0175545_17543910.jpg

こちらはhttp://kakitaiarekore.blog89.fc2.com/さん(なぜかリンク出来ない)のブログからお借りしました!
とても面白いブログになっており、映画の印象もよく捉えてらっしゃる(笑 
絵も好きです!
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-02-01 00:15 |

セブン

シネマクラッシュ「セブン」

7つの大罪は7人の死で完成する。緊張・衝撃・興奮・戦慄・・・息をのむスリル&アクション!
解説
キリスト教の"七つの大罪"(傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・食欲)に基づく連続殺人事件と、それを追う二人の刑事の姿を描いたサイコ・サスペンス。主演は新人刑事に「マネーボール」「ツリー・オブ・ライフ」のブラット・ピット、ベテラン刑事に「インビクタス/負けざる者たち」「ショーシャンクの空に」のモーガン・フリーマン。監督は「ソーシャル・ネットワーク」のデビッド・フィンチャーが務める。
出演者
ブラッド・ピット モーガン・フリーマン グウィネス・パルトロー ジョン・C・マッギンレー
監督
デビッド・フィンチャー
ストーリー
退職間近のベテラン刑事サマセットと新人刑事ミルズはある殺人現場に向かう。そこには肥満した大男の無残な死体と犯人が残したと思われる文字が残されていた。そして間髪をいれず次の死体が発見される。サマセットはそれぞれの現場に残されていた文字から、犯人がキリスト教における七つの大罪に基づいて殺人を続けていると確信する。事件を未然に防ごうと犯人の特定を急ぐ2人の刑事に、いつしか犯人の罠が迫る・・・。


先日コメント欄で話題に出たセブン

これも3度目かになるか。

しかしあまり好きな映画ではない。

公開当時、CMが流されたがなんとも気持ち悪い(笑

映画もやっぱり気持ち悪くて途中で見るのを辞めたりしていた(笑

私も大分大人になったし耐性も付いてきた!

と久々の観賞だがやはり気持ち悪りぃ〜(ゲゲゲ

こんなんを映画館で観る気がしれないです私

そういや先日、中年の男性が男性自身を切断された状態でみつかり同居女性の犯行と疑われたが、薬物常用者で自分で切って自殺したなんて話も。。。

また別の話では、冬なのにパンツ一丁で扇風機に息子が当ってると家族から通報。

薬物常用者だったなんておかしな話も(笑

もうほんと信じられない事件てあるんですね。

いや〜しかし悪趣味と言うかグロ注意!な映画だった。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-01-31 00:11 |

天然コケッコー

BSシネマ「天然コケッコー」 <レターボックスサイズ>



【監督】山下敦弘 【出演】夏帆,岡田将生,夏川結衣,佐藤浩市,柳英里沙 ~2007年 「天然コケッコー」製作委員会制作~
番組内容
講談社漫画賞を受賞したくらもちふさこの同名コミックを、「リンダリンダリンダ」の山下敦弘監督が映画化。美しい田園風景が広がる田舎町で、小さな分校に通う少女の淡い恋模様と心の成長をみずみずしく描く。全校生徒6人の分校に、東京から、ひとりの男子が転校してきた。中学2年のそよと同い年の彼は、少々とっつきにくかったが、みんなで海に遊びに行った帰りに2人きりになってから、互いの心の距離が近づき始める。
出演者
出演
夏帆,岡田将生,夏川結衣,佐藤浩市,柳英里沙
原作・脚本
原作
くらもちふさこ,
脚本
渡辺あや
監督・演出
監督
山下敦弘
音楽
音楽
レイ・ハラカミ
制作
 ~2007年 「天然コケッコー」製作委員会制作~


ロケ地は島根周辺らしい

山と海が近くにあり中学生と小学生が一緒に給食を食べるような七人の生徒しか居ない長閑な場所。

私はあまり田舎を知らないが日本は実際こういった山間部の学校に通う子供達も多いのだろうな〜。

もし私がこういった場所で育っていたらどうなったのだろうと少々憧れもある。

去年、急死したレイ・ハラカミさんの優しい浮遊感のある音楽が随所に効果的に使われ映画に深みを持たせていた。

上級生が下級生を思いやり学校生活を送り、恋も生まれる。

もう本当に素晴らしい環境だと思いましたね。

子供の幸せなんて分かりませんが、こういった生活を送った方が幸せなんだろうと感じる映画。

若くして亡くなったハラカミさんもきっと優しい人だったんだろうな!


[PR]
by ya-bi-tu | 2012-01-26 00:51 |

恋するトマト〜クマインカナバー〜

BSシネマ「恋するトマト」 <レターボックスサイズ>

【監督】南部英夫 【出演】大地康雄,アリス・ディクソン,富田靖子,村田雄浩,ルビー・モレノ ~2005年 「クマインカナバー」製作委員会制作~
番組内容
農業を営む45歳の独身男が、厳しい現実の中で一度なくした自分の人生を再生していく姿を描いた感動ドラマ。年老いた両親と3人暮らしの野田正男は、やっと決まったフィリピン人女性との結婚で詐欺に遭う。生きる意欲を失った正男はマニラで路頭に迷い、あやしい仕事に従事するようになる。そんな折、偶然に通りかかった村の畑で生き生きと働く一家に出会う。主演の大地康雄が、製作総指揮・企画・脚本を兼任して挑んだ意欲作。
出演者
出演
大地康雄,アリス・ディクソン,富田靖子,村田雄浩,ルビー・モレノ
原作・脚本
原作
小檜山博,
脚本
大地康雄


バカヤローや転職情報誌デューダなんかのCMで有名な大地さんの企画、主演映画。

藤岡弘さん、あき竹城さんやでんでんさん等面白い面子が揃います。

素朴な田舎の嫁不足問題

主人公はお見合いツアーのような企画で富田靖子と出会い結婚に進んで行く。

真面目な男はデートに川に釣りに行くのだが、もう自分を見てるようでね(笑

魚籠まで私のと一緒でやんの。。。(まぁ魚籠なんて一般的な普及品で誰もが同じような物を使いますがね)

中々良い雰囲気だったのだが夜のビニールハウスでいきなりキスを迫り折角の結婚のチャンスを逃すという大実態(笑

茨城の田園風景とタイの長閑な風景が良い。

大地さんのキャラと芝居も最高に面白い(笑

ルビーちゃんに騙されトンドというスラム街でホームレスなってしまう大地さん

もう落ち武者のような風貌(笑


2時間があっという間に感じた良い映画


[PR]
by ya-bi-tu | 2012-01-25 00:11 |

かもめ食堂

BSシネマ「かもめ食堂」 <レターボックスサイズ>



【監督】荻上直子 【出演】小林聡美,片桐はいり,もたいまさこ,ヤルッコ・ニエミ,タリア・マルクス,マルック・ペルトラ

番組内容
「めがね」「トイレット」など独特の作風で知られる荻上直子監督が、群ようこの書き下ろし小説を映画化。フィンランドで小さな食堂を営む日本人女性サチエと、店に集う一風変わった人々との温かい交流を、オール・フィンランドロケでつづる。閑古鳥が鳴いていたサチエの店を、不思議な縁で出会ったミドリとマサコが手伝い始め…。アキ・カウリスマキ監督「過去のない男」の主演俳優、マルック・ペルトラがチョイ役で出演。
出演者
出演
小林聡美,片桐はいり,もたいまさこ,ヤルッコ・ニエミ,タリア・マルクス,マルック・ペルトラ
原作・脚本
原作
群ようこ,
脚本
荻上直子
監督・演出
監督
荻上直子
音楽
音楽
近藤達郎
制作
 ~2005年 日本テレビ/バップ /幻冬舎/シャシャ・コーポレイション /パラダイス・カフェ/メディア・スーツ制作~


前から気になって映画でやるのを楽しみにしていました(笑

小林さんの作る和食が旨そうなこと!

その和食を食べるフィンランド人が旨そうに食べるんだな〜(笑

もたいさんと小林さんはやっぱり猫が好きからの安定感ある良い芝居

そこに片桐はいりさんというキャラの濃い3人が面白い。

これ見てるとお腹が減ってきます(笑

良い映画でした!
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-01-24 00:07 |

私をスキーに連れてって

私をスキーに連れてって

スキー場を舞台に、ユーミンの歌にのせて贈るとびきりキュートなラブストーリー!
番組内容
 「見栄講座」で若者のスノビズムやトレンド意識を笑いの対象として人気を得た、ホイチョイ・プロダクションの馬場康夫が監督した作品で、スキー場を舞台に、若者達の恋のさやあてが描かれる。ただのラブ・コメディには収まらず、モノやテクニックに関するこだわりはホイチョイプロならではの凝りよう。原田知世や三上博史といった人気俳優が個性豊かに好演。また編集段階でカットしたシーンが多かったために生まれてしまったという、妙なテンポの良さも受けて大ヒットした。
ストーリー
 ユーミンの「サーフ天国、スキー天国」の音楽にのって、奥志賀のゲレンデへ向かう矢野文男(三上博史)。26歳の商社マンである彼にとって、スキーは生活のすべてであり、仕事や女性より優先する。今回も中学時代からのスキー仲間の正明(沖田浩之)、真理子(原田貴和子)、和彦(布施博)、ヒロコとクリスマス休暇だ。和彦が独り者の文男を気づかい、ゆり江(飛田ゆき乃)を連れてきたのだが、文男はまったく関心を示さない。  一方、OLの優(原田知世)も同僚の恭世(鳥越マリ)と二人で奥志賀に来ていた。ボーイハントに夢中の恭世だが、優は遠慮がち。そこへ文男が軽快にジャンプして滑り降りて来る。ふと悪戯心を起こした優が、指鉄砲で文男を狙うと、なぜか彼は転倒!これが二人の出会いだった。  早々と男を射止めカフェに入っていく恭世を横目にリフトに乗る優。気が付くと文男が隣に乗っていた。文男も偶然の出来事に驚いた様子。挨拶はしたものの、緊張のあまり会話が続かない二人だが、文男は優の内足のクセに対してアドバイス。お礼を言って別れる優。 しかし、二人は縁深い。今度は木陰で転倒している優を文男たちが助けたことがきっかけで、優は彼らのグループに合流することになる。そこで彼らはスキーの見栄講座を披露。優は感心しながら、その空気に打解けてゆき、文男と意気投合するが…。
出演者
池上優:原田知世 矢野文男:三上博史 佐藤真理子:原田貴和子 小杉正明:沖田浩之 羽田ヒロコ:高橋ひとみ 泉和彦:布施博 恭世:鳥越マリ ゆり江:飛田ゆき乃 所崎:竹中直人 田山雄一郎:田中邦衛 ほか


もう何度目でしょう(笑

去年も一度BSで放映されみました!

公開当時は中学生だったかな〜?

バブル真っ盛り

バブルを知りたきゃコレってくらいにバブってます(笑

製作はホイチョイプロダクション

今はどうなってるのか知りませんが当時ホイチョイは面白い発想で様々な作品を産み出していたな。

まぁ三上博史の格好良さったらないですよ!

タバコも会社内のデスクで普通に吸える時代。

私のタバコ好きもアメリカ映画と三上博史のせいとは言っても過言ではない(笑

脇を固める俳優女優もバブル俳優女優ばかり。

布施博も絶好調の頃ですね〜

自殺してしまった沖田浩之さんの元気な姿が見られます。。。

香港映画のようなカーアクションも見所

セリカGT-FOURはこれが最初で最後の位にラリーでも活躍した車ですね!

三上の駆るターセルかコルサも泣かせます(笑

ストーリーも単純で判り易く展開も早くとても面白い映画です。

私が夢を見ていた頃の映画と言うか、日本の成長の最高の頃で何も心配が無かった頃。

映画にもそのような雰囲気が漂っており酷く懐かしい感覚を思い出す映画です。

何度観ても面白いですし、新たな見逃していたり忘れていたシーンも多数で面白かったぁ〜!

原点ではないですが成長過程で当時は笑っていた映画ですが郷愁さえ覚える映画です。

原田知世さんは現在も美しいが、この頃は萌えますよ(笑

ファッションから車まで全てがバブルの良き時代

20年振り位にスキーに行きたくなりました!(笑

a0175545_21121512.jpg

[PR]
by ya-bi-tu | 2012-01-21 21:13 |

グランブルー

BSシネマ「グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-」

 <字幕スーパー> <レターボックスサイズ>【監督】リュック・ベッソン 【出演】ジャン・マルク・バール,ジャン・レノ,ロザンナ・アークエット
番組内容
実在の伝説的ダイバーをモデルに、フリーダイビングの世界記録に命がけで挑む2人の男の友情と愛を描いたL・ベッソン監督の出世作。少年時代に出会ってから、約20年の時を経て再会したジャックとエンゾ。世界チャンピオンであるエンゾは、ジャックを選手権へと招待し、互いに記録を競い合う。「グレート・ブルー」の未公開シーンを追加し、最新の技術で美しくよみがえらせたレストア・バージョンで放送。
出演者
出演
ジャン・マルク・バール,ジャン・レノ,ロザンナ・アークエット
原作・脚本
原案・脚本
リュック・ベッソン,
脚本
ロバート・ガーランド,マリリン・ゴールディン,ジャック・マ
監督・演出
監督
リュック・ベッソン
音楽
音楽
エリック・セラ
制作
 ~1988年 フランス ゴーモン制作~


これも3度目か4度目かの観賞になります。

やはり車好きには堪らないエンゾの愛車フィアットチンクェチェントが印象的。

大金を手に入れてもボロボロの愛車を乗り換える事なく再塗装する(二度塗り)という変人ぶり。

以前には長い映画で退屈するシーンも多かったが、40を前にすると色々と見方も変わり楽しい。

主人公の彼女の女優さんの可愛いこと(笑

以前にはこの女優さんにたいした興味は無かったが、もう虜になりました!

あと以前見た時にはダイビングにも恐怖しか覚えなかったが、死の考え方が変わってきたのかダイビングへの興味もわいてきました。

あんな事が出来たらどんな世界がみられるのだろう?

ダイビング大会で日本人も出て来るんですが、ヨーロッパ人の日本人のイメージがそのまま描かれ酷いもんでしたね(笑

またその日本人チームのダイバーはどう見てもベトナム人かなにかで、向こうの人からすれば同じアジア人の見分けがつかないのも感じさせる映像(笑

極東の日本が如何に馬鹿にされてるかがわかります(笑

しかし地中海の景色、海の素晴らしさ。

岸壁のレストランでワインでも飲みながらパスタを食べてみたい(笑

ラストは悲しく神秘的なんですが良い映画だったな。

a0175545_16103061.jpg


追記 アレ?人気無いな。。。(笑 見えなかったかな?ageときます!(笑
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-01-20 15:03 |

ザ・メキシカン

午後のロードショー「ザ・メキシカン」

ブラッド・ピット×ジュリア・ロバーツ2大スター夢の共演!伝説の拳銃「メキシカン」をめぐり繰り広げられるスリリングなアクション&ラブ・ストーリー(2001年/米)
出演者
ブラッド・ピット ジュリア・ロバーツ
監督・演出
監督
ゴア・バービンスキー
ストーリー
ある日、マリファナを積んだ組織の車に追突してしまったジェリー(ブラッド・ピット)。この事故が原因で組織のボスを刑務所送りにしてしまったジェリーは、その代償に組織の使い走りとして働かされていた。ある日、そんなジェリーとの生活に恋人サマンサ(ジュリア・ロバーツ)が怒りを爆発。サマンサのために組織から足を洗うことを決意したジェリーは、最後と決めて仕事に向かう。しかしジェリーはここでも仕事を失敗。ミスの代償としてメキシコへ行き、世界一美しいといわれる伝説の拳銃「メキシカン」を運ぶ仕事をすることに。呪いがかかっていると言われるこの拳銃。ジェリーが無事入手してからも、泥棒に盗まれたり警察に目を付けられたりと、なかなか持ち帰ることができない。一方、組織から未だに抜け出せないでいるジェリーに腹を立てたサマンサは、1人ラスベガスへと向かう。しかし、途中リロイと名乗る男に拉致されてしまい…。


この映画は2度目か3度目の観賞になります。

全体的に盛り上がりも特になく、ロードムービーをダラダラと見るような感じだがツマラナイって訳でもない。

私的には大好きなブラピの全盛期というか、脂の乗った格好良い頃の映画だと思います。

昔カウチポテトなんて言葉が流行りましたが、ソファーに座ってポップコーンやポテチでも摘みながらビール飲んでボケ〜としたいような時に最適な映画って感じでしょうか(笑

考えさせられる事もなくブラピの格好良さとジュリアロバーツのチャーミングさを楽しめる映画かな。

a0175545_164766.jpg

[PR]
by ya-bi-tu | 2012-01-19 00:08 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30