NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:癒( 144 )

汗を流しに銭湯へ行き銭湯で汗を掻く

UVべったりのCが「どこか温泉施設のような所へ寄りたい」と言い出した。

きっと皮膚呼吸的な何かが出来ないような辛さなんだろう

ケアをしない私にはわからないが私も汗を掻いては乾くを繰り返していたし銭湯は大好きだ!

アイポンでささっと近くの銭湯を調べ行ってみる事に。

言うならば新しめのビル型銭湯で一回が銭湯で2階はリラクゼーションルーム的な中国整体30分四千円や

リムジンだかイムジンだかそんなような女性専用蒸しなにかがあった。

言い出しっぺのCに銭湯代を奢ってもらった。

ここは食券のようなチケット販売機がありペア900円とかサウナ700円とか色々あってパニック。

Cは細長いサッカーの応援の時に使うようなタオルを持っていたが私は手ぶらだ。

タオルを借りると50円だそうだが勢い何も持たずに脱衣所へ

するとだ、、、

腕〜肩〜背中とそれは代表的な絵に描いたような(絵を描いてるんだが)極道のお兄さんが身体を拭いていた。

そういや昔は銭湯に行けば一人や二人はくりからもんもんのお爺ちゃんなんかいてタオルで玉をパーンと叩いていたような日常だった。

特にビビる事もなく脱いでいると今度はスキンヘッドのお兄さんが出て来た。。。

風呂場と脱衣所の仕切りのガラスドアの所で「お先に失礼します!」

とスキンヘッドのちょっと太めのお兄さんが、、、

すると風呂場から「おぉ」と太い強い声が聞こえてくるじゃないか。。。

そういや銭湯の隣りの店の前にセルシオが停まってたな。

あ〜。ね〜。

スッポンポンの私は今更逃げる事も出来ない。

風呂場には私と親分らしい二人だけ。

顔を見ないように奥へ奥へ

階段を3段程上がるとシャワーが三つありサウナと水風呂があった。

シャワーで顔と頭を洗い湯船の方の様子を伺うとまだ入ってらっしゃる。

手でボディーソープで身体を洗い湯船を見ると寝湯に移動されてる。

まだ湯船ゾーンに近づく雰囲気ではない。

私はCに奢ってもらった450円の銭湯代金しか払ってないがサウナに入ってみた。

凄く熱くて5分で出て来た訳だがサウナ内にはTVがあり何か流されていたがサッパリ覚えてない。

そしてTVの斜め上にはカメラが設置されサウナ内を監視している。

きっと不正利用の為だと思うがなんか空気が重いんですよね(笑

もしかして良くVシネドラマなんかで抗争でサウナで親分がみたいなシーンが浮かぶ(Vシネ殆ど観た事ないが)

そういや昔、川崎でそんな事件が有ったような気がする。

ここじゃねぇの?みたいな変な確信があった。。。

何となく様子で親分がサウナに入りそうな予感がしたので湯船の方へ向い二つの湯船を満喫した。

手ぶらの私は早々に脱衣所へ

サッパリはしたが汗が止まらない。。。

洗面台のティッシュで少し拭いてみたが殆ど効果がないので親分が脱衣所に来る前にびしょ濡れのまま予備のTシャツに着替え休憩室へ

確かに回りは韓国系の飲み屋や商店が多いし熱い街川崎だ

うっかり銭湯も肝を冷やすが汗が止まらないというね(笑

まぁ何の害もないし普通の事なのだろうが立派な本物の手掘りの入れ墨はそれは迫力があり、昔見たヨボヨボの入れ墨とは貫禄が違った。

サウナも5分も入ってなかったのでお金も取られなかった(笑

出る時間を決めて(40分間くらい)入ったが私が出た時は15分以上時間が余っていた(笑
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-07-12 03:12 |

MJもJDも愛用した靴

a0175545_1274793.jpg


履き古したBassのローファー

ローファーとは怠け者の意味で学生が紐靴の面倒さを嫌いスリッポンタイプの靴を愛用したことからと言われています。

原型はノルウェーの木こりが履いていた靴を基に作られ商品名のWEEJUNSは「ノルウェーの」という意味のNorwegianという単語の発音から取られた「WEEJUNS」ウィージャンズ・ウィージュンズと呼ばれています。

ペニーローファーと呼ばれるようになったのはローファーのサドル(甲に渡っているレザー)の窓穴部分に1セントコイン(アメリカでは1セント硬貨をペニー、10セント硬貨はダイム、25セント硬貨はクォーターと呼称する)を挟むのが70年代の学生の間で流行し、それがペニーローファー・コインローファーと呼ばれる由来。

当時は公衆電話がペニーで使えいざという時に靴から電話代が出せるというような話だったと記憶しています。

このローファーも学生時代に私が履いた2足目で1足目は底に穴が開くまで履く程気に入った靴です。

履き始めは硬く馴染むまで時間が掛かりますが、足に馴染むと最高の履き心地。

他の靴が履けなくなるような錯覚になるほどのフィット感でして余程の雨でもない限りは毎日履いていました。

高校当時で安い店(広尾や上野にあった平行販売)で14000円程だったと記憶しています。

現在は16000〜17000円程で販売されているようです。

14000円と安くはないですが高い靴という訳でもない(底も皮です)。

穴が開くまで履いたのも修理を考えると新品で買った方がトータルで得と考えたからですが、修理すれば履けるのでいまだに捨てられなく1足目は靴箱に入っております(笑

社会人になってスーツを着るようになってからもビジネスシューズの履き心地が良く無いのと良さそうな靴は2〜3万、デザインが気に入らない等でこのローファーを殆ど履いていました。

スリッポンタイプはビジネス向きでは無く、ブレザーなんかの時やカジュアルな靴なんですが普段は履いてしまっていました。

それについて上司等に咎められる事も無かったので全体のバランスや靴本来の持つ良いシルエットのお陰だったのかもしれません。(写真の靴は20数年物なのであしからず)

先日紹介した42ndの靴は高いです(ローファーが2足買える)し高級な部類ですが履き心地はBassに軍配。

どちらも職人が一刺し一刺し縫い上げたハンドクラフトですが普及品の良さかBassは本当に素晴らしいです。

まぁ42ndの方はそこまで履きこんでませんし、先日再び履く機会があり明らかに前回より履き心地が良かったですがね!

それではこのBass社について少し

1930年代リンドバーグがニューヨーク〜パリ間の単独飛行を成功させたのは誰でも聞いた事のある話だと思います。
その時に履いていた靴が当時軍用靴も生産していたBassのブーツだったそうです。

そしてなんとジェームス・ディーンやマイケル・ジャクソンもBassの愛用者だったそうです。

ジェームス・ディーンといえばジーンズに赤のスイングトップですが足元はBassだったのかも(笑

マイケルに至ってはダンスシューズとしてもローファーを愛用していたそうで(メーカーはBassだけでなく数社あったが)もしかするとビリージーンなんかの時も練習なんかでは同じローファーを履いていたのかも?(笑

PVでは白と黒のコンビのシューズですがあれはどう見ても撮影用衣装

このVTRではハッキリとは写りませんが横からの靴のシルエットは紐のプレーントゥの形ではなく足首の部分は浅いスリッポンのように見える。(タッセルローファーのようにも見えるが)



パンツの裾を短くしたり浅めの靴を履いて足首や各部の動きを強調するマイケルの手法

ドレスシューズではないですがなんでもないローファー(怠け者)がエレガントに見えるBassの靴のお話でした。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-07-05 12:59 |

スターバックスは禁煙

数週間前に訪れた神奈川のとある街

今日は二度目の訪問である。

昨夜は晩飯中から既に眠く21時には床に就く

しかし案の定眠れない。

結局1時を回っても眠れない

a0175545_19483057.jpg

朝も目覚まし前に目が覚めた。

午前中に大きな地震があり驚いたが約束の時間があるので情報を確認するまでもなく家を出て

本日のメインイベントが終わったのは15時をとうに過ぎた時間だった。

雨が降ったり止んだりで雨宿りにスタバに向うと全席禁煙と書いてある。

そういや地元のスタバも禁煙だったな。

アメリカンなルールを守っているのだろう。

店内は客はまばらで流行ってる様子はなかった。

a0175545_1951023.jpg

仕方が無いのでまたもやタリーズへ

こちらは煙草を吸わないはずの女子高生なんかが多く流行っている。

喫煙ルームは相変わらず6割程の席が埋まっており盛況である。

まだまだ日本は喫煙者多いもんで全面禁煙の店はかなり客を取られているのではないかな?

煙草を吸わない客も何故か多いし(笑

この喫煙ルーム 私は何故か居心地が悪い。

外は蒸し暑いし雨だがやはり外のが居心地が良いな。

a0175545_19543540.jpg

ここのタリーズは前回もそうだがノートPCを開いてなにかしてる人が多い。

喫煙ルームで2〜3人は居たし、外にも居た。

スタバでMBAを使うのがカッチョ良いなんて笑い話があるが今やどこでもこういった光景はみられる。

みんなそれほど忙しいのだろう。

そしてここのタリーズでPCやってる人は8〜9割が喫煙者

仕事に追われストレスなのか?煙草を吸う人は同時に何かしてないと落ち着かないのか?

そんな私も色んな事を考えたり写真を撮ったりしている訳だが(笑

今日は前回より40円高い340円のアイスコーヒーを勧められた。

女性店員に40円をケチる男と思われたくないので口当たりが良いと勧められたコーヒーを飲んだ。

確かに40円分美味しいような気がしたが中身がなんなのか、どう違うのかはわからない。

煙草を中で一本、外で一本吸って店を後にした。


[PR]
by ya-bi-tu | 2012-07-03 20:22 |

身籠りました

a0175545_1714100.jpg

先程飼いエビに餌を与えようとすると、、、

ありゃ〜?

きみ卵抱いてるね。。。

水槽に入れる時は気がつかなかったよ

ってか釣り場でも小型の雄だと思って連れ帰ってきてしまったよ。

参ったなぁ〜

水槽では子供が孵って育つなんて事例は聞いた事がないしな。。。

釣った時から身籠っていたのか?

水槽には手の無い大きなエビがもう一匹入ってるんだがパパはコイツなのか?

本当ならちょいと川まで逃しに行きたいが微妙に時間が取れない。

最短でも往復2時間かぁ、、、

夜になれば時間作れるが暗い河原怖いんですよね〜(笑

一昨年だかに夕方の雨上がりにウナギを釣りに意気揚々と家を出たが、実際暗い河原で一人で30分と居られなかった小心者です(恥

う〜ん どうしたもんかな〜。。。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-06-20 17:30 |

見知らぬ町のタリーズにて

台風の影響が懸念される今日の午前中は朝から神奈川の初めての町へ

大切な用事を済ませ緊張から開放された私は時折雨粒が降る中、昼前のタリーズへ。

a0175545_19332420.jpg

ニュータウンと言うのか?

駅前のデザインされた街並の計画性の凄さとお洒落さに圧倒されながら所在無さげにフラフラと店に入った。

a0175545_19361624.jpg

2階のガラスで仕切られた喫煙席へ行ってみたが20代の髪型もオサレ〜な今時のビジネスマンやお洒落姉さんなんかがノートPCを開きながら忙しそうにしてる雰囲気に馴染めなく外の席に逃げました。

喫煙ルームの横にキッズプレイスペースがあった。

子供達はガラスで仕切られた中で煙草を吸う大人を観ながら遊ぶ形になる。

階段はプレイスペースを横切らないといけないのでタバコ臭い大人がそこを通るのである。

なんとも悪いような気持ちでそこを横切るのは微妙な気分であったな〜。

子供を見守るお母さん達も喫煙ルームから出て来て退店する客の匂いは気になるだろうな。

素晴らしい町で素晴らしい店だが中の設計はもう少し考えられないものか?

テラスも店の入り口だがここで煙草を吸わすと非喫煙者のお客さんは煙草の匂いを嗅いで入店し退店しなければならないだろう。

喫煙問題で厳しい横浜市 建て前として分煙は出来ているがやれば良いんだろうって感じであまり意味の無い事のように感じた。(テラスを一歩出ればそこは吸ってはいけないが煙は流れても問題無いなんて変にも感じた)

煙草を吸う私でさえ電車の中やコンビニでタバコ臭い人が居ると嫌な物だ。

この国ってなんだかルールは作るけど後はどうでも良いって感じで笑えますね(笑

肝心のコーヒーです!

私はタリーズが好きなんですが先日飲んだマックの100円アイスコーヒーが中々美味しくて、この300円コーヒーはバランス的にちょっと負けてるかな〜。

3倍ですから素晴らしい豆を使ってるのかと思いますがマックの100円で充分な感じ。

アイスコーヒー戦争はマックに軍配って感じでした。(諸々の背景はありますがね)
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-06-19 20:08 |

レッドブルは翼を授けるのか?否か?

a0175545_23425231.jpg


私とレッドブルの出会い

それはF-1のスポンサーにレッドブルがなり、その牛が頭を突き合わせたような熱い感じと青とオレンジなイメージカラーの鮮烈さ。

当初のレッドブルチームは弱小だったが昨今はトップチームである。(まぁスポンサーでカラーリングって意味ですが)

初期はいったいレッドブルとは?と疑問を持った物だった。

それがタイのキックボクシングのスポンサーやヨーロッパや南米の断崖絶壁から飛び込む競技なんかでもスポンサードしており、その世界的なイメージを感じた物であった。

では最初のレッドブル体験はというと、約15年前程のロンドンで初めて発見したレッドブルの缶飲料!

当時F-1狂いだった私はおれはレッドブルの飲むんだ。高くても良い。レッドブルが飲めれば良い。と。

普通の飲料の倍程のレッドブルをロンドンの町で飲んだのだ!

しかし未知のレッドブルに期待が大きかった私は一瞬にして落胆することとなる。。。


なにこれオロナミンCやん?


昨日の記事に引き続き(けっしてリメンバーじゃないです偶然)がっかりした約15年前の私。

憧れ焦がれたレッドブルの正体はオロナミンCだった(いや実際はかなり味も違いますが、言ってみりゃオロナミンだろ?みたいな、、、)。

大袈裟でなくかなりショックだった思いでです。

まだリーマン時代の10数年前、白金辺りでレッドブルの宣伝カーのミニが走り始めました。

運転する女性はモデルさんのような美人ばかりで直視できないような女の子。

暇さえあればそこらを流すレッドブルの車を見ながらも「オロナミンの外国版やん」とか心で思い冷めた目でみていました。

それでもレッドブルのカラーリングのF-1カーは格好良く嫌よ嫌よで好きなんです。
唯一その商品の味がオロナミン?リポビタン?みたいでがっかりだったんだ。

時間がないので続く。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-06-10 23:59 |

潮干ガーリー

a0175545_12522733.jpg

昨日は以前からCに依頼されていた潮干狩りへ

数日前からの日曜雨の予報でギリギリまで迷いましたがシーズンもそろそろ終盤ということで強行

行ってみれば雨は一滴も降らないで逆に太陽が出ている時間が多く絶好の潮干狩り日和となりました!

お陰で混み合う事もなくのんびりした潮干狩りを楽しむ事が出来ましたよ!


雨の予報に合羽姿で潮干ガールなC

a0175545_1255569.jpg

子供のときの家族潮干狩り以来の潮干狩りと言う事で童心に帰り無心で浅蜊を掘ってました(笑

私はというと、Cにマテ貝の捕獲方法をみせてやりたくスコップ片手に掘りまくり

なんとかマテ貝の穴をみつけ塩を振り振り、ニョキッと出て来た所をエイヤっと掴み実演します。

C「ヤダ〜なにこれキモチワルイ〜」

まぁイソメも触れないおんにゃのこちゃんなんでマテ貝がキモチワルイのも仕方が有りませんが、一匹は自分で捕獲させようと掘り進め、塩をふらせニョキッと出て来た所をなんとか上手く捕まえて一匹ゲット!

C「もぉいいやぁ〜私浅蜊する〜」

さっさとアサリ掘りに戻っていきました。。。

蟹も居るでよ

a0175545_12573565.jpg

ノンビリ1時間も掘ると小さなバケツはいっぱいになります(一人です。私はマテ貝掘りに意地になり殆どアサリは掘ってない)。

バケツがいっぱいなんで一度休憩がてら丘にあがって捕れたアサリを別の容器に移します。

a0175545_12595935.jpg

マテは5〜6本しか捕れないという悲惨な状態。。。

とその時突如目の前に上がってくる人影、、、ん?見た事ある人だ。。。

あ!オケラさんじゃないか!(笑

オケラさん 私達より30分程前から始められていたようで収穫を見せてもらうとマテ貝だらけ、、、

さすがポイントを知り尽くしているとこうも収穫が違うものか。。。悔しい(涙

オケラさんは充分確保したので帰られるといってタップリのマテ貝と共に消えていきました。。。

では再開 潮も上げ始め沖の良いポイントは長靴のCではもう入れません。

手前で掘らして私はトイレへ 戻ってくるとCのバケツに大量のアサリが入っている。。。

ビックリしていると、、、「知らないオジサンがくれたのぉ〜」

女の子って徳ですよね。。。オジサンはCが一人で掘っていてバケツにいくらも入ってないのを見てバケツいっぱいのアサリを分けてくれたそうです。。。

a0175545_134049.jpg

昨夜は月が綺麗でしたね〜!

今夜は部分月食が見られそうですね!

昨日の獲物は今夜頂こうと思います〜月を見ながら(笑

まぁ潮干狩りは成功でしたし楽しい休日を過ごせました!

変わりに全身筋肉痛ですがね、、、(笑
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-06-04 13:51 |

籠ちゃん海へ行く

a0175545_22274755.jpg


久々の籠ちゃんでぇ〜す(往年の加護ちゃん風で再生して下さい)。

雨ニモ地獄の5時の目覚ましニモ負けズ 私はそういう籠で海にイキタイ

などと意味不明な供述をしていますが、実は酷い疲労感と眠気(2時間寝てないで炎天下)に発泡酒をぶち込みながら記事を書いてます。

デジカメの電池が殆ど無く、私はデジカメの写真を記事にしようとすると自動圧縮に数分かかるという謎の症状が去年から相変わらずチュジュイテオリ〜(ここだけ往年の電波少年チューヤン風で再生して下さい。決して馬鹿にしてるんじゃないんですよ)他の写真は電池を充電して長時間の写真upにデジカメが異常な熱を持つ程になりながらも明日やっていこうと思います。

兎に角、市場かごに水辺の風景が色々な想いと自己満足で凄く楽しくも有り、色々と毎度の悩みも再発したりと訳のわからん状態です。

そしてオッサンは〜酒をのむのでしょ〜♪

ひっちゃかめっちゃか変なテンションすんません。

疲れ○○的な疲れ記事

久々の海は男の精神と体力を奪う過酷な地でありながら

気分転換には最高ってコッテス。     では〜!
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-06-03 22:43 |

初?わかば

a0175545_20522354.jpg


買う事はないであろうと思っていたわかばに初挑戦してみました(笑

前に友人が吸っていた物を1本貰った事はあるんですが、酔っていて印象を覚えて無い。

かなりきつい部類の煙草になると思うんですが、最近はきつい煙草に慣れてしまってるんで辛くはないです。

如何にもJT煙草って香りがします。(マイルドセブン的と言うのかなぁ〜?)

2〜3本と吸い進めると慣れてしまいとても旨い煙草だと思います(笑

いかんせん。昔のイメージと言うかお爺ちゃんの煙草ってパッケージの印象は拭えませんが充分旨い煙草。

フィルターの茶色い部分が短くて目の錯覚的感じで長く見える(笑

子供のお菓子のような煙草ですがバランスというかデザイン的に面白いです。

マッチの似合う煙草の一つですね!
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-06-02 20:52 |

セメダインC

居間に懐かしい物が置かれていた。

母がどこかを整理していたら出て来たらしいセメダインである!

a0175545_18261071.jpg

このセメダインについてはトリビアの泉で過去に取り上げられている。

当時ライバル商品だったイギリス製の「メンダイン」を追い抜くため、
「攻めるメンダイン」で「セメダイン」という名前にしたと書かれている

何へぇ〜だったのかは覚えてないが、私も「へぇ〜」と思った物だった(笑

今から30年以上前、各家庭に有ったと思われる接着剤セメダイン

もうこれさえ有れば全ての物はくっつけられるような万能接着剤のような役割だったと思う。

私と同年代の方は見覚えがあるのではないかと思う。

アロンアルファが出るまではこの黄色のセメダインが大活躍していたのであった。

この黄色のチューブを見ると思い出すのが子供の頃に作ったプラモデル

初めて作ったのは小学校低学年頃だと思う。

子供向けプラモデルにロボダッチなる物があり、子供達はプラモの入門用としてロボダッチを作っていた。

そのメインキャラがこれである。

a0175545_19505781.jpg

確かタマゴローみたいな名前のキャラだったと記憶する。

なんとも愛らしい昭和丸出しのキャラでお腹が開いて何か(イマイチ思い出せない)出て来たり子供心をくすぐるキャラであった。

きっと少年誌なんかで漫画が有ったのかもしれないが、私はまだ小さかったのであまり記憶にない。

しかしこのロボダッチが凄く好きで熱中していた。

この仲間にはタイヤの付いたロボが多く、車大好きな子供には充分車を感じさせる面白い商品だった訳だ。

セメダインの話に戻ろう。

本来はプラモ用の専用接着剤なんかがある訳だが、そんな物知らないし、親も知識がない父親だったので家にある接着剤を使う訳だ。

プラモデルは塗装が必用で塗料も色々と揃えないといけないが子供の感覚で5色くらいしか買い与えられない。

勿論ニッパーやヤスリなんて知らないのでバリ(プラモデルはプレス段階で回りに骨のようなムレームについていて、ソレを切って一つのパーツにする)なんかも適当。

本来はパーツに全て番号が振られていて順番に外して組み立てる(その前に塗装する場合も多い)。

私の父は説明書を読まない大まかな人間なので全てのパーツは一度全部バラバラに取ってしまい沢山パーツの中から説明書順にそれと思われるパーツを探し出し付けるという凄く面倒な方式で組上げる訳だ。

安いパーツ点数の少ないプラモはそれでもなんとか形になった。

そして組み上がるとそこから塗装するという悲しいやり方で、はみ出したり綺麗には塗れない訳である。

しかしパーツ点数の多いこのようなモデルは本当に困った!

a0175545_19512294.jpg

実際に小学生低学年当時に買って貰ったダンプである。

パーツ点数は多いし色の塗り分けも多い。

馬鹿な親父と、無力な少年がどんなに頑張っても組めない悲しい想い出のプラモである。

プラモ用の接着剤は刷毛が付いており塗りやすいが、チューブから出して塗るからはみ出しまくって硬化。

パーツは沢山余ってしまうし途中で訳がわからなくなる。

勝手な親父は途中で嫌になりさじを投げこの箱の中にはバラバラのダンプの残骸だけが残るというね。。。

面倒臭がりな親父を持った子の悲しい結末であった。

これが模型好きの親父だったら一度説明書に目を通し、大まかに塗装を追え、順番通りにパーツを分離させ組み上げ、バリも丁寧に取り、専用接着剤や塗料で見本に限りなく近い物を完成させた事であろう。

この親父のお陰か、その後の私は細かい人間になってしまった訳だ。

子育て段階で適当な親だと本当に迷惑な話である。

そしていまだにこのダンプは私の中で悔しい想い出で、今一度組上げて完成させたい幻のプラモである。


セメダインが出て来ただけで懐かしのロボダッチを思い出した事は嬉しいが、悲しくもあるセメダインである。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-05-31 20:27 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31