NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

コクリコ坂から2

先週のハウルにつづき今週はコクリコでしたね〜!

これは劇場で見て以来になります

宮崎監督の息子さんが二回目の指揮をした作品だっかな?

お父さんと違いモヤモヤするような余韻と言うか私的にはジブリ特有の変な中だるみ感のない普通な作品でモヤッと感の残らない気持ちの良い作品と感じます。

背景や風景はチーム2馬力って感じで近年ジブリらしく安定しているように思いますね。

内容、ストーリーについては賛否あると思います。

戦争についても少し触れていますがお父さんのような強いメッセージではないように感じます。

息子さんが表現したかったのは学生の恋にどうにもできないハードルを設けなんとか成し遂げるというメッセージなのかな〜

全体のバランスで言えば好きな部類のジブリ作品であります。

私の生まれる前の横浜が舞台ですが馴染みのある街並や自動車はツボでして特に劇場でも思ったんですが船がイインデスヨ(笑

中でもタグボートが効果的に使われ宮崎映画全般に出てくるのですが今回は特に注目が集まる部分だと感じました。

a0175545_2312898.jpg

港町横浜ですから当然なんですが船があってのストーリーとも思います。

住んでいる洋館風建築やカルチェラタンがメインの話と思われますが実は船の大切な役割を描きたかったのではないか?とか

もはや建物は後付けのストーリーじゃないのかとも思ってしまいます。

そこまで船の重要性を感じる作品

メインのステージは船でサブがカルチェラタンなのではないかと二回目の観賞で感じました。

まぁこれは私の主観で子供の頃に横浜で釣りをしていた時に慣れ親しんだタグボートの影響が強いからかも

堤防で釣りをしていると大型船の接岸にタグボートが4隻やってくる

1艘は指示を出す船で全体が見渡せる場所におり無線で指示を出し他のタグボートを操る

超大型のコンテナ船が小さいタグボートにより接岸する事が出来るのである!

毎週のようにその風景を釣りをしながら目の前で眺めていたのでとても印象深いのである。

待機中は釣り場の横で出番を待っているのだが小学生の私に「船に乗って釣るか?」とか遊んでくれる船員さん

とても良い想い出として私の中にあるのである。

これは去年だかの横浜沖堤

a0175545_23232596.jpg

出番まで接岸していたが沖に向うタグボートである。

働く船の細部までが格好良くこの船の写真がかなりある(笑

もし生まれ変わったらタグボートの船員、出来ればパイロットになれたらなんて思うくらいに好きである(笑

久々に渡し船に乗りタグボートと並走なんかしながら沖堤に渡り釣りがしたくなったな(笑

コクリコ坂は私には船と横浜そして恋って映画でした〜。
[PR]
by ya-bi-tu | 2013-01-12 00:57 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31