NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

テナガール再来

天気予報ってのは私が子供の頃の新聞の週間予報が本当に高確率だった。

日々週間予報が変わられては週間予報の意味がないし振り回されるの面倒だ。

なんで精度が上がるはずの予報がここ何年も当たり前のように変わるのか?

まぁ文句を言っていても仕方ないが天気予報士やレーダーアメダスだか新しくなってからあてにならない。

本当は日曜に予定していた釣行は同行者Cの仕事の都合で今日に振替となり今日は今日とて頻繁に仕事のメールと電話をアイポンでやっている。

正直Cがここまで仕事をバリバリこなす姿を初めて見て驚きと尊敬の念に駆られた。

もともと賢い人なので(偏差値的に)普段のおっとりとした喋りと雰囲気に騙されていたが私なんかとても真似出来ない多忙振り。

そんな道中、気を遣いながら様子をみて時の流れを感じたオッサンであった。。。

a0175545_20355266.jpg

現着は10時過ぎ

既に鯉釣りの竿の乱立で下のテトラは入れない状況(笑

今日はCがメインなので日影の橋の下だけの釣りとなる。

a0175545_20413217.jpg

ギリ日影のポジションで手長竿を操るC

オサレな草履で滑る滑る(笑

a0175545_20461225.jpg

ポイントは悪くても手長なのでどこでも釣れる

やっぱり手長の引き味は独特のエビバックが楽しい。

アタリを我慢しそっと竿を立てると宙に浮いた手長は驚きバックを始める。

その反応が短竿だと強くダイレクトに ドン ビビビ 弾かれるような感触が楽しい。

長竿ですと弾力を活かしズーン ビビビ ビューンと言うような感じでどちらも楽しいものである(笑

これは他のターゲットでは中々味わえない独自な物で私なんかはニヤケながら楽しむのである(笑

そしてそのエビに挟まれ痛い痛いと良いながらも喜びを感じるマゾ的感覚を楽しむのである(笑

a0175545_20483664.jpg

デキハゼも絨毯とは行かないまでも手長の邪魔をするが可愛い姿形、目をみてニンマリ(笑

ハゼに触るとヌルヌルした粘液が手に付く感触を久しぶりに懐かしみながらデキハゼのピピピとした引きを楽しむ。

もう少しすると身体も大きくなり年に数度の絨毯状態で入れ食いを楽しめる。

しかしこれは頻繁に釣り場に通い通さないと中々そのチャンスには恵まれない。

今年はそう回数は稼げそうもないので山を張って狙っていくしかあの天国状態、カーニバルは楽しめないだろう。

そして秋になれば秘密の鯊園でも狂喜乱舞の数日が訪れる訳である。

穴に潜んで私達を待っていてくれるハゼの愛しさよ(笑

今から涎が垂れそうな想像に耽け、来るべき時を待つのである。

a0175545_2051234.jpg

今日のサイズは概ね中型揃いで大型が数匹混じった。

胞卵したメスも数匹

各所で今年は不調と言われているが毎年不調の私なので満足出来る型と数が見られた。

デキハゼ狙いのご常連も1/5くらいで手長を釣っており全体数が少ないとは思えない例年通りのエビ様達。

今度は炎天下のテトラに乗りフラフラになるまでやってみたいと思いました(笑

この後、銭湯に行って汗を流す。が、、、続く(笑
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-07-11 21:27 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30