NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

違法

皆さんもニュースなんかで聞いた事があるであろう著作物を守る法律

少し前にも話題になり音楽制作者や愛好家の間で物議を醸しています。


2012年6月15日に リッピング違法化+私的違法ダウンロード刑罰化法案 が可決されました!


簡単ですが@wikiより

※権利者に無断でアップロードされている物をダウンロードする場合 違法になる or 違法にならない一覧

■違法になる可能性
ジャンル 違法性 補足
音楽 違法 -
映画 違法 -
着うた 違法 関連ニュース
違法着メロ4億曲に!3年連続正規配信上回る
違法「着うた」入手禁止に 改正著作権法、元日に施行
LIVE映像 違法 音楽のライブなら日本レコード協会が黙ってない
ゲーム音楽 違法 ゲーム音楽のみの音声ファイル(mp3等)は違法
アニメ 違法 -
テレビ番組 違法 -


■どちらかわからないもの(違法性は低い?)
ジャンル 違法性 補足
同人音楽 - 権利者が仕掛けてくる確率は少ないが0とも言い張れない
同人アニメ - 権利者が仕掛けてくる確率は少ないが0とも言い張れない
同人LIVE映像 - 権利者が仕掛けてくる確率は少ないが0とも言い張れない
ラジオ音声 - 聞くだけならいい。DLはだめ
AV(無修正、アニメ) - 日本の法令に違反しているアダルトビデオ会社が提訴してくる可能性は
やろうと思えば出来る
一般ゲーム - ゲーム音楽(のみ)の音声ファイル(mp3等)は完全違法。
ゲームプログラム内に埋め込まれた(プレイ中に再生される)音楽などはOK
18禁ゲーム - DL時はプログラムでもインストールすると
PeerCast - -
Skype - 不特定多数に公開して それを相手がわかった上で録音してたりしたらダメ


■違法にならないもの(今回音声・動画以外の違法DLは対象となりません)
ジャンル 違法性 補足
画像、テキスト、アプリ なし 今回は関係なし
漫画、小説 なし 今回は関係なし
書籍 なし 今回は関係なし
ストリーミング系 なし 見るだけなら良い。DL(保存は違法)
無料ソフト、プログラム なし 今回は主に映像と音楽
key同梱・c済有料ソフト なし 今回は主に映像と音楽


これはウィニーなんかの問題になるとは思うんですが犯罪の幇助になるような共有ソフトなんかを締め出す為にも役立っているそうです。

何となくしかわからないが今回の決まった事で注目すべき所は、個人で買ったCDを自分の携帯音楽プレーヤー等にPC等から焼き入れて楽しむ事も法律上は違法と言う事です。

いまだに私はコレが本当なのかさっぱり理解出来ませんが、法律上は駄目と言う事。

ですからYouTubeなんかではアップされたものがドンドンと消されて行く(昨日の記事でも貼付けた音楽動画が今日は見れなくなっていた)ような事が起きている。

アーティストにしてみればお金を一銭も貰えないのに自分の音楽が楽しまれては困るってのが当たり前の意見でしょう。

私はPCのスキルと言うかそういった事が面倒ですし、音も良く無いと感じるので(稀にツベなんかにも素晴らしい音の物がありますが)無料で音楽を楽しもうとは思いません。

しかしブログなんかに貼付ける場合は音楽を楽しむというより雰囲気作りでありとても便利で活用させてもらっています。

しかしこれ処罰されると10年以下の懲役、1000万以下の罰金になるとか。。。

アーティストの中にはどんどんファンがYouTubeなんかに貼ってくれてあり難いと思っている人も多く、それをレコード会社側から削除されていくのが悔しいとラジオなんかで話す人も居ます。

ある意見ではこの法律でより音楽業界が窮地に立たされると危惧されてます!

現在、音楽業界はCDが売れない時代。

インターネットの普及に伴い当たり前の結果ですし予測は出来ていた事でしょう。

今CDを買わない世代に何故買わないのかと問うと「家にプレーヤーがない」や「CDなんて見た事がない」だそうです。

そうです。今の子供が音楽に触れるような歳の頃にはインターネットが普及していたんですね(笑

音楽はネットで買う物になってますし、様々な無料ダウンロードの方法が検索すれば山のように情報が出てくる訳です。

ではどう生き伸びるかを予見して実際に収益に繋げるかを考えていた人の一人として坂本龍一さん

彼はご存知の通りテクノから伸びてきた人でコンピューターの分野でも先頭をきって活用された人。

CDが売れなくなるなんて事は容易に想像出来た事ですしいち早くネット配信の方法を選んだ人でした。

そしてストリーミングサービス等で無料で自分のコンサートを試聴させる。

これって一見無駄が多いように思いますが何もしないで指をくわえて衰退する音楽業界より自分で新規を開拓していく方法なんですね。

どの道売れない事に固執して悩むよりより多くの人に自分を知ってもらって、中には感動して自分のコンサートに足を運んでもらおう。楽曲を買って貰おう。

PCの画面で感動するなら現場はもっと凄いって事を知ってもらおうと言う発想ですね。

そして現場まで行けばグッズやCDやDVDも売れる訳です。(現場まで行って何かを買う人は来場者の半分位は居るでしょう)

古典的な損して元取れ いや徳する方法ですね。

ネットが溢れれば誰にも止められない世界ですから先手で無料開放しちゃう

無料で楽しませて貰ったユーザーは何かの機会に恩返しをしたくなる心理でしょう

そうやって新しい波にのり成功するんですね

世界的には少ないですが、私の知っているだけでもスイスやオランダは今回のような違法ダウンロードを容認する方向の法律で運用されています。

両国ともやはり他の国に比べ特殊な部分が多いですが(オランダはマリファナ半合法ですがワークシェアやエコロジーの先駆けで注目されてます。スイスは永世中立国で様々な法律が独自です)保守的な反面時代に合わせた国作りに成功していると言えるでしょう。


ラジオやストリーミング中継でも凄い数のリスナーが考えられる場合はジャスラックに一曲いくらで配信している。(公人)

これは理解出来ますが自分でお金を出して買った物を携帯プレーヤーに移すといけないなんて理解出来ませんし、いちいち考えて音楽を聴くなんてとても音を楽しむなんて事ではないと思うんですがね〜。

たまたま町を撮影した動画に商店から流れる有線の歌が入ったらどうすんでしょ?

それをブログに貼っても処罰されるんでしょうかね?(笑

公平に処罰する為にはCDだけにするかCDは廃止して有料ダウンロードのみにしてCDもダウンロードも焼き回しがきかない方法を考えるしかないのではないでしょうかね?

個人で楽しんでいて捕まった事例がないので何とも言えませんが私のようなブロガーが1日100人の閲覧者に、そのうちの半分が聴くかもわからん動画を貼付けてはいけないんでしょうかね〜?

そこまで厳しい法律作るなら私のお陰で何回再生されたか調べ上げ(ツール作れば簡単なんじゃないか?)再生回数の使用料払うとかの方向にしてくれれば良いんですがね(笑




これはどうなるんでしょうね?

私の部屋で音楽を聴いている様子の動画でメインはハンバーグラーです(笑



あ!ハンバーグラーの権利の方で訴えられそうだわw
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-06-22 16:36 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30