NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

ルパン三世 カリオストロの城

金曜ロードショー 「ルパン三世 カリオストロの城」

見どころ
何度観ても色あせることのない
宮崎駿監督の劇場版映画デビュー作

新たな感動があなたを待っている…
極上のロマンスと冒険の旅へ、いざ!

このタイトルを聞いて、胸がワクワクしないアニメ好きがいるだろうか!? 1979年の公開以来、世代を超越して愛され続けてきた劇場版ルパンの決定版「ルパン三世 カリオストロの城」。言わずと知れた宮崎駿監督の劇場版映画初監督作の登場だ。
ド派手なカジノから大金を奪い去ったルパンと次元。しかし、その金が幻の偽札「ゴート札」であることに気付いた2人は、その謎を暴くため、偽札を作っていると噂される小さな国・カリオストロ公国へ。そこで2人が出会ったのは、ギャング風の男たちから追われている花嫁姿の可憐な少女。彼女が持っていた古びた指輪がカギとなって、カリオストロ公国の知られざる秘密とルパンの過去が明らかになっていく。
ウエディングドレス姿でピンクのシトロエンに乗り疾走する美少女こそ、数いる宮崎アニメのキャラクターでも特に人気の高いヒロイン・クラリス。青い瞳を美しく見せる白のブラウス&ブルーのスカートといった清楚なスタイルで、性格も控えめ。しかし、婚約者であるカリオストロ伯爵に反抗的な視線を送ったり、時には正面から辛辣な言葉を放ったりする芯の強さも持ち合わせている。そして、籠の鳥状態の彼女にとっては救世主である憧れの“おじさま”ことルパンがピンチと見るや、自らの身を挺してでも彼を救おうとする度胸もある。女性から見てもまさに理想のタイプ。女好きのルパンや次元はもちろん、女性が苦手で自分の感情を表に出すことは滅多にない五右ェ門さえもが、「可憐だ…」と虜になってしまうのも道理な女の子なのである。
そう、公開から30年以上を経てもなお「カリオストロの城」が輝き続けているのは、クラリスをはじめとしたキャラクターの魅力があってこそ。彼女の婚約者でカリオストロ公国の実権を握る悪役・カリオストロ伯爵の、性格の悪さと憎らしさを凝縮したような顔つき。その手下であるジョドーの不気味さを際立たせる身体のライン。クラリスの少女時代を知る園丁の老人や、自分の地位を守ることに必死の国際警察のお偉方。ルパンたちが立ち寄るレストランのゴシップ好きの女子店員から、のほほんとしたローマの大司教まで。全キャラクターが圧倒的な存在感をもって、物語の中にイキイキと息づいているのだ。
もちろん、レギュラー陣の活躍からも目が離せない。「テレビシリーズの時より年を重ねたイメージ」だというルパンが見せる優しくダンディーな一面。ルパンを支えて奮闘する次元と五右ェ門。そして、今回はルパンを裏切るどころか彼をフォローし、銭形と行動をともにする不二子ちゃん。そしてカリオストロ城脱出作戦ではルパンの相棒として活躍し、映画史に残る名ゼリフを放つ銭形警部。それぞれが自らの仁義を胸に、クラリス奪還とカリオストロ城に潜む秘密を暴露するために奔走する姿に、胸のトキメキが止まらない!
何度観ても新しい感動を届けてくれる不朽の名作。さあ、ロマンスとアドベンチャーが詰まったカリオストロ公国への旅を、あなたもお楽しみください!

内容
1979年制作 日本映画/字幕/10分拡大


狙うは城に隠された秘密とお宝、そして美女
ルパン一味と銭形が一世一代の勝負に出る

国営カジノに潜り込み、まんまと大金を奪い去ったルパン(山田康雄)と次元(小林清志)。しかし改めて奪った札を見たルパンはガッカリ。すべてが幻の偽札と言われている「ゴート札」だったのだ。巧妙に作られた偽札が国営カジノにまで出回っているとは…。2人は「ゴート札」の出所と言われているヨーロッパの小国・カリオストロ公国に、次のターゲットを定めた。
カリオストロ公国は人口3500人。世界各国の偽造紙幣を武器に国を維持しているという噂が絶えないが、その秘密を暴こうとして帰ってきた者はいないという。そんな暗い噂とは無縁の美しい田舎道でのんびりと車を走らせていたルパンと次元だったが、彼らの前に突然現れたのは、ウエディングドレス姿で車を疾走させる美女。どうやら不審な男たちに追われているようだ。事情はわからないままに、彼女に加勢することにするルパンと次元。しかし結局、彼女はルパンに古びた銀の指輪を託し、別方面から現れた追っ手に連れ去られてしまった。
ヤギの紋章をモチーフにしたその指輪はカリオストロ公国の大公家に伝わるもので、ドレス姿の美女・クラリス(島本須美)は大公家に遺されたひとり娘。国の実権を握るカリオストロ伯爵(石田太郎)から政略結婚を迫られ、彼から逃れようとしていたのだ。カリオストロ伯爵の狙いは、クラリスと結婚して国の利権を名実ともに手に入れること。そして、カリオストロの城に眠ると言われている国の財宝を掘りあてること。その財宝を手に入れるには、伯爵の持つ金の指輪とクラリスの持つ銀の指輪の両方が必要だったのだ。
ルパンと次元は五右ェ門(井上真樹夫)を呼び寄せ、ついでに銭形警部(納谷悟朗)をも召集し、難攻不落のカリオストロ城に潜入。しかしルパンの行くところにこの人あり。召使い姿に変装した不二子(増山江威子)も独自に城に入りこんでいた。不二子の協力のもと、クラリスが幽閉されている塔に忍び込むことに成功したルパンだったが、カリオストロ伯爵とその部下・ジョドー(永井一郎)の手によって地下牢に閉じ込められてしまう。
そこは、400年前からすべての侵入者を飲みこんできた出口なき牢獄。ようやく地下の底にたどりついたルパンの前に、憔悴しきった様子の銭形警部が現れる。彼も城に張り巡らされた罠にひっかかり、地下に落とされてしまっていたのだ。ここを脱出しないことには、逮捕もなにもない。協力して地下牢を抜け出した2人が見たのは、日本円やアメリカドル紙幣をはじめとするありとあらゆる偽造通貨の造幣工場だった。偽札の山に火を放ち、混乱に乗じて城を脱出しようとするルパンと銭形。その煙が次元と五右ェ門、不二子への行動開始の狼煙だった。ルパン救出のために城に向かう次元と五右ェ門。逆に、長居は無用と城からの脱出を決意する不二子。そしてルパンは銭形の助けを得てクラリスのもとへ向かうのだが…。不二子とともに城を脱出しようとした直前、カリオストロ伯爵の攻撃を受け、瀕死の重傷を負ってしまうルパン。彼を捨て身の覚悟で守ろうとしたクラリスと、ルパンが隠し持っていた銀の指輪が、遂にカリオストロ伯爵の手に渡ってしまった!
ようやく目を覚ましたルパンの口から語られる思いがけない過去。彼にとっての恩人でもあるクラリスを救うには、婚礼当日しかチャンスは残っていない。改めて周到に計画を練るルパン。一方、国際警察からゴート札の真相究明を禁じられ意気消沈していた銭形も、不二子の後押しを受け、単独行動に出る覚悟を決めていた。
そして挙式当日。ルパンたちはクラリスを救い出すために、そして銭形はカリオストロ公国の闇を暴くために、最後の賭けに打って出る。最強の敵であるカリオストロ伯爵と、カリオストロの城に隠され続けてきた真実が、彼らを待ち受ける!

キャスト
声の出演

<ルパン三世> 山田康雄

<峰不二子> 増山江威子

<次元大介> 小林清志

<石川五右ェ門> 井上真樹夫

<銭形警部> 納谷悟朗

<カリオストロ伯爵> 石田太郎

<クラリス> 島本須美



スタッフ

<原作> モンキー・パンチ(「週刊漫画アクション」)

<監督> 宮崎駿

<製作> 藤岡豊

<脚本> 宮崎駿
     山崎晴哉

<作画監督> 大塚康生

<音楽> 大野雄二

<撮影> 高橋宏固

<美術> 小林七郎

<編集> 鶴渕允寿

<録音> 加藤敏



通ぶった人の中にはカリオストロは駄作と言われる向きもあるようですが、公開当時七歳だったルパン純正培養されたような私達の年代にはカリオストロこそ最高傑作ではないかと思わせる映画です。

現在の私のジブリ好きもハイジ〜ルパンの流れは否応無しに擦り込まれてると感じます。

で、今回は何度目か? しかし子供の頃に一度ちゃんと見たがガキにはわからない部分もあった。

近年のTV放送でも最初が欠けたり後半飽きてしまったりで回数としてはかなり見ているはずだが本気で観るのは初めてかも(笑

やはり宮崎色が各所に見え私は好きです。

内容は皆さんもご存知の方が多いでしょうし、それぞれの感想があると思います。

音楽がやはり良いですね〜!

私らガキの時からこんなの聴いてましたから恵まれていましたね。

男の格好良さやエッチな所なんかはルパンに教わったと言っても過言では無い時代でした(笑

来週は「紅の豚」

これまた私の好きなジブリ作品の中でもトップクラスの映画です!

とても楽しみです(笑



因にこの曲は劇中と関係無い大野さんの曲ですが1979年の映画と同じ年の作品です。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-03-31 00:07 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30