NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

百万円と苦虫女

シネマクラッシュ「百万円と苦虫女」

百万円貯めて、誰も知らない場所。海へ、山へ、そして地方の町へ。様々な人に出会い、素敵な恋をしながら、自分だけの生き方を見つけてゆく女の子の旅物語。
解説
ひょんなことから事件に巻き込まれたヒロインが、アルバイトでお金を稼ぎ、100万円貯まるごとに各地を転々とすることで、自分の生き方を見つけ出していく20代女性の姿を描くほろ苦い青春ロードムービー。人と接することが苦手で不器用な主人公の佐藤鈴子を「フラガール」の蒼井優、鈴子に惹かれる大学生を「モテキ」の森山未來が演じる。監督は「赤い文化住宅の初子」のタナダユキ。
出演者
蒼井優 森山未來 ピエール瀧
監督・脚本
タナダユキ
ストーリー
短大卒業後、就職もできずにアルバイト生活を送っている鈴子。ひょんな事件に巻き込まれた彼女は、人との関わりを避けるように家族のもとを離れ、百万円を貯めるたびに、次から次へと引越し、1人で生きて行く決意をする。海の家、桃畑、行く先々で働きながら様々な人たちと出会い、温かさに触れるが、その関係から逃げていく。そんな中、はじめて自分の心を打ち明けられる恋人に出会い、幸せな日々を送るが・・・。
音楽
「やわらかくて きもちいい風」原田郁子


これも二度目の観賞になります。

蒼井優さん ジャックスカードのCMが印象的だった女優さんです。

雰囲気が独自で気になる人 フラガールの時も良い役者だと思いましたね〜!

そして相手役の森山未來君 彼も独特な雰囲気で好きです(笑

彼はDJもやるそうですが全く受けなく客をドン引きさせたそうです(笑

モテ期(TVの方を一話だけドミューンで見ました)では実際に日常モテないのでハマリ役だったと自分の素のような感じらしい(笑

この映画では中々の好青年で良い感じなんですが途中から怪しくなる。

最後はどっちとも取れる終わり方をする映画で凄く続きが気になる映画。

登場人物もバラエティーに富んでおり色々な役者さんが出て来ます!

日本の原風景や地方都市の雰囲気なんかも凄く良い。

映像や人物描写がリアルで私は凄い好きな作品です。


[PR]
by ya-bi-tu | 2012-03-20 00:01 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31