NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

ホイットニーが死んだ

つい数日前にツイッターで誰かが拾ってきた車の助手席で酷い顔、髪型のホイットニーをみかけたばかりだった。

本当の意味で洋楽を好きになったのはホイットニーが最初だったかもしれない。

私が中学の頃にホイットニーの「そよ風の贈りもの」が世界的にヒットした。

ビジュアルも良かったし、歌声はこれまで経験した事のないような伸びやかで澄んでいてパワフルだった。

当時、音楽を聞く人なら一家に一枚って位に有名なアルバムだった。

そして次のアルバムが私がホイットニーで最も好きなアルバムとなる「アイム・ユア・ベイビー・トゥナイト」である。

一番脂が乗ったアルバムではないかと思う。

音も当時最先端で凄く格好良かった。

その頃かヒップホップで名を馳せたボビーブラウンと結婚

とてもお似合いのカップルであったが色々と問題もあったようだ。

そして映画ボディーガードで頂点を極めた。

その後の活躍は特に目立つような事はなかったが、これまでの売り上げで1億ドルの財産があると言われ普通であれば大御所であり、数年に一度新曲を出し売れなくたって関係なかっただろう。

旦那の素行の悪さからか、麻薬問題も早期に報じられていた。

先日の写真は酷いものだったが、まぁ誰だって老いるし、麻薬だってアメリカのスターとはそんなもんだろうと思う。

しかし午前中に報じられたニュースではビバリーヒルズのホテルで死んでいた所を発見されたようだ。

48歳というまだまだな年齢だが100億円以上有った財産もなく破産寸前だったようである。

人の幸せは金じゃないと言うが、典型的なスターの栄光と挫折を味わったのだろう。

本当のスターらしい生き方と言えばそれまでだが、綺麗で可愛らしい黒人シンガーの死は私もショックであった。


彼女だけではないデュエット曲だが私の好きな曲を



洋楽の素晴らしさを教えてくれた彼女が安らかに眠れるよう祈ります。
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-02-12 13:40 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30