NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

ミスティック・リバー

サタ☆シネ「ミスティック・リバー」

<クリント・イーストウッド監督作品> 少年時代に忌まわしい誘拐事件を体験しバラバラになった3人の男たち。悲惨な殺人事件を通して再会した彼らに待ち受ける運命とは?
出演者
ショーン・ペン ティム・ロビンス
監督・演出
監督
クリント・イーストウッド
製作年/製作国
2003年/アメリカ
番組内容
傑作ミステリー小説を、C・イーストウッドが完璧なキャストを揃えて映画化!少年時代に忌まわしい誘拐事件を体験し、以来離れ離れになった3人の男性が、25年後に殺人事件を通して再会する物語を重厚なタッチで描く。ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケヴィン・ベーコンのいずれ劣らぬ実力派の競演は必見。この作品で、ショーン・ペンは第76回アカデミー賞主演男優賞、ティム・ロビンスは助演男優賞をそれぞれ獲得した。
ストーリー
雑貨店を経営するジミー(ショーン・ペン)、平凡な家庭を築くデイヴ(ティム・ロビンス)、刑事のショーン(ケヴィン・ベーコン)は、かつてボストンのイーストバッキンガム地区で少年時代を共に過ごした幼馴染。彼らには、忌まわしい事件の思い出があった。彼らが11歳の頃、3人でいつもの様に遊んでいたところ、ジミーとショーンの目の前でデイヴが見知らぬ男に誘拐されたのだ。その後デイヴは無事保護されたものの、性的な凌辱を受けた彼は、心に深く傷を負うこととなる。誘拐事件以来会うことのなくなった3人だったが、その25年後、彼らは悲惨な事件を通して再会を果たすこととなる。ジミーの19歳の娘が何者かに殺害され、殺人課の刑事としてショーンが事件を担当することとなったのだ。被害者の父となったジミーは、犯人への激しい怒りを募らせるが、捜査線上に容疑者として浮かび上がってきたのは、かつての友人・デイヴだった。


これまた前回のマットディロンと同時期に私の年代のスターだったショーンペン(マドンナの最初の旦那)が出ています。

この二人は本当に格好良かった。

私からするとショーンペンとケビンベーコンが同級生という設定にいささか違和感は覚える。

ショーンペンの体型は若い頃からそれほど変わりはないが、年相応に白髪で自然で良い。

映画はアメリカの犯罪とそれを引き金に負の連鎖が始まる逃れられない定めか。

前回同様悲しい話である。

私はショーンペンが大好きだったので随所にみえる若い頃から変わらぬ格好良さがみれて満足だった。

アイアムサムなんかで演技派な役者だが実生活バイオレンスだったショーンらしい役で彼の魅力はこれだと思う。

マドンナとの婚姻中もパパラッチをぶっ飛ばすような問題児

それがショーンの本質

ワルはどんなに丸くなっても目付きが違うのであるな!


[PR]
by ya-bi-tu | 2012-02-05 05:22 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31