NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

ニューヨーク・ストーリー

NEW YORK STORIES  1989年 アメリカ作品
番組内容
I.「ライフ・レッスン」 マーチン・スコセッシ監督作品  II.「ゾイのいない人生」 フランシス・コッポラ監督作品  III.「エディプス・コンプレックス」 ウディ・アレン監督作品
出演者
■ライフ・レッスン  ニック・ノルティ  ロザンナ・アークェット  パトリック・オニール ほか ■ゾイのいない人生  ヘザー・マコブ  タリア・シャイア  ジア・コッポラ ほか ■エディプス・コンプレックス  ウディ・アレン  ミア・ファロー  メイ・クエステル ほか
原作・脚本
■ライフ・レッスン リチャード・プライス ■ゾイのいない人生 フランシス・コッポラソフィア・コッポラ
監督・演出
■ライフ・レッスン
監督
マーチン・スコセッシ 
■ゾイのいない人生
監督
フランシス・コッポラ 
■エディプス・コンプレックス
監督
ウディ・アレン


そのまんま NYでの3つのストーリーを巨匠達が短編で描く映画です。

1話目にはグランブルーのヒロイン ロザンナ・アークェットが!

高名な画家のオヤジと助手

オヤジは22歳の助手ロザンナ・アークェットに夢中

若い女性の自由奔放な恋愛に嫉妬しながら何とか繋ぎ止める

ロザンナ・アークェットも画家としてのオヤジの才能には本気で惚れている様子。

可愛くてセクシーな彼女の魅力が炸裂です(笑

男なら大概の人が経験する(女もか)好きな人の心変わり

恋愛でこれほど辛い事はないでしょう(笑

男の情けなさと女性の強さがこれまた自分を見てるようで滑稽です。(私はここまで女々しく追えないがw)

数々の芸術家の影にサイドストーリーとして女性の話はありますが正にそれ

地位も名声もある男が小娘に振り回される様は、男って馬鹿な動物なんだと再確認させられました(笑





NYで一番の金持ち校に通うゾイ

母親は多忙のセレブでホテル住まい

部屋付きの執事まで居る

まだ小学生だが全ての子供がマセており、アラブあたりの国王の甥っ子なんかも級友だ(笑

そいつは世界一金持ちな子供らしく爺やが付き車は当時のクワトロポルテ(これがまた風格がある)

コッポラがマセた子供の世界を描くのだか、どこかマフィア風な匂いがする(別居中のフルート奏者の父は完全にアンタッチャブルな風貌)。

その国王の甥っ子とデートし住まいのホテルに戻って来ると高級ホテルに強盗が入る。(勿論クアトロポルテで送ってもらい帰ってきたw)

経済の中心のNYではまんざら大袈裟でもないような話で面白い。


(この曲は映画と一切関係ありません。私の好きなフルートメインのハウスミュージックです。)


ウディアレンが主演で公開当時は日本でもかなりCMや広告が打たれていたのを思い出した。

母親に恋人を会わせる

その母は典型的なアメリカの母

スタローンの映画でも有ったが刑事の母はとんでもない世話焼き母ちゃんなアレ(笑

迷惑な母ちゃんで会議中のウディの会社まで友達を連れて乗り込んできたりする

そんな母さんがマジックの会場で剣刺しのマジックに選ばれ客席から舞台に上がる

マジックは母さんが無事出て来て終わりとなるはずだったが、、、

客席から母を見つめるウディの目が印象的

迷惑で仕方なかった母が神隠しに

そこから生活が一変していく

最初は心配していたウディだが母の居ない開放感から探偵に頼んでいた母の捜索を打ち切り快適な生活を送る。

ある日NY上空に巨大な母が現れNY中に知れ渡りウディはマスコミに追われる生活となる(笑

もう悪夢です(笑

空から母に説教されそれを皆が見てるんです!



全て特に残る物はありませんがアメリカらしい映画と言うか娯楽として優れた映画だと思います(笑
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-01-25 21:23
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30