NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

ブロークン・イングリッシュ

シネマクラッシュ「ブロークン・イングリッシュ」



ニューヨークで出会い、パリで愛に気づいた。不器用で臆病でも、すべての女性に“ミラクル・ロマンス"は訪れる。女性による女性のためのラブストーリー。
解説
ニューヨークとパリを舞台に、結婚適齢期を迎えた女性の気持ちをリアルに描き、都会のリアリティーとおとぎ話のようなロマンチシズムをミックスさせたラブストーリー。自分を愛してくれる相手に出会えない30代の主人公の独身女性ノラを「ブレイド3」のパーカー・ポージー、そんな彼女を情熱的に愛する男性ジュリアンを「ぼくを葬る」のメルビル・プポー が演じる。監督は本作がデビューとなるゾエ・カサベテス。
出演者
パーカー・ポージー メルビル・プポー ジーナ・ローランズ ドレア・ド・マッテオ ジャスティン・セロー
監督
ゾエ・カサベテス
ストーリー
ノラはニューヨークのホテルで働く30代独身女性。親友は自分の紹介した相手と結婚したというのに、ノラ自身、男性と付き合おうとすれば失敗ばかり。母親からも結婚を心配され、恋に対しても臆病になり始めていた。そんなある日、気分転換に出掛けた友人のホームパーティーでフランス人男性のジュリアンと出会う。出会った瞬間から情熱的にアプローチしてくるジュリアンに戸惑いつつも、次第に彼に惹かれていくノラだったが…。
製作国・年
2007年 アメリカ・フランス・日本


スイマセン映画見たい現象続いてます(笑

タイトルから激しそうな映画(ブロークン・アローみたいな?)かと思いきや恋愛ものでした(笑

まぁ女優さんが可愛らしいこと。

主人公は男運がない。

軽いって訳でもないと思うんですが、ちょいちょい良い男と出会っては口説かれてしまう。

そんな主人公が結婚について考えるという物語。

2007年の映画なので比較的新しくファッションなんかも兎に角お洒落(って思ってるのは私だけかも。)

NYやPariの街並やロケで使われる室内、登場人物と現在の女性が楽しめるのではないかな〜。

お洒落で面白い映画でした!
[PR]
by ya-bi-tu | 2012-01-17 22:53 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31