NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

開高健

BS-premium
シリーズ 釣って、食べて、生きた!作家 開高健の世界(1)巨大オヒョウを食らう
2011年9月22日(木) 19時30分~21時00分 の放送内容

作家・開高健の旅に同行した料理人が30年ぶりにベーリング海のセント・ジョージ島を訪ね、未公開の音声記録をもとに足跡をたどり、開高にとって「食」とは何かを探る。

おしらせ
作家・開高健が釣魚紀行の集大成として向かったカナダ。冒険を記録した映像は、冒険が途中で終わったために公開されることはなかった。未公開の映像をもとに「最後の冒険」をトレース、等身大の開高健の姿を描く。

番組内容
1982年6月、「釣ること」「食べること」にこだわった芥川賞作家・開高健は、荒れるベーリング海の孤島、アラスカのセント・ジョージ島での巨大オヒョウ釣りに挑んだ。それからおよそ30年、開高の旅に同行した料理人が再び、荒天のベーリング海のセント・ジョージ島を訪ねる。未公開の音声記録や料理日記を活用しながら作家の足跡をたどり、開高健にとって「食べること」とは何だったのか、その深淵を探る。

語り
國村隼

出演者
出演
開高健,谷口博之,トム・ルーター,インノ・レステンコフ


オーパ、オーパ!!アラスカ編の取材旅行記を当時の写真や辻調の板前さんが個人的に隠し撮りしていた(すぐにバレて了解を得て録音したそうです)貴重な開高健の話が聞ける貴重な番組でした。

酒メーカーのコピーライターだった開高健が後に小説家として生きている上で文字と文字の持つ意味や力を感じれなくなる程の忙しさや机に向い続け麻痺した状態から開放される為に釣りをする。

釣った魚を食べるのも嫌という程食べて神髄を探る
お腹が一杯になっても食べる
調理の仕方を変え食べる

勿論、食べる事が好きだったのであろうが飽きるまで食べ尽くした者にしかわからない部分を文字にする。
正直、巨大なオヒョウは日本の魚に比べると大味でそれほど美味しくはないそうです。
それでも何かを伝えようとする努力は凄みを感じましたね〜!

そうでもして作品を生み出す執念の作家と感じました。

明日の放送も同時刻からで亡くなる前年にカナダにブラックバスを釣りにいった釣行記

この映像は亡くなられてしまったのでお蔵入りの初披露らしいです!

興味ある方は必見の番組になると思いますよ〜!
[PR]
by ya-bi-tu | 2011-09-23 00:23 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31