NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

ブレイブ ワン

初めは自分を守るために、次は誰かを助けるため、やがては犯罪者を裁くために。その引き金を最初に引いた瞬間から、彼女の人生は劇的に変わっていく。

解説
ニューヨークを舞台に、最愛の恋人を殺されたヒロインが、一挺の拳銃を手にしたのを機に、自ら悪を裁くもうひとりの自分に目覚め、処刑人のように悪人たちを倒しながら葛藤に揺れる姿とその顛末を描くアクションサスペンス。主演は、「告発の行方」「羊たちの沈黙」のジョディ・フォスター、監督は「クライング・ゲーム」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のニール・ジョーダン。

出演者
ジョディ・フォスター テレンス・ハワード ナビーン・アンドリュース ニッキー・カット メアリー・スティーンバージェン

監督
ニール・ジョーダン

ストーリー
ラジオ番組のパーソナリティをつとめるエリカは、婚約者デイビッドとの挙式を間近に控えていた。ある日、二人は犬の散歩中に暴漢に襲われ、デイビッドが帰らぬ人に…。しかし警察の捜査はおざなりだった。彼女は自分で我が身を守るしかないと拳銃を手に入れる。そして、偶然入ったコンビニの中で銃殺現場に遭遇、自分も狙われたエリカはとっさに引き金を引く。その瞬間、彼女の中で何かが目覚めるのだった…。

2007年の作品

あの可愛いジョディがここまで変わるかと言う〜。。。

アメリカという国の問題の一つ 銃社会

目には目を 刃には刃をを地でいく内容でして被害者が加害者に変わる、善良な人間が闇の恐怖にダークな手段を選ばざるを得ない環境という悲劇なお話。

こういった事が日常チャメシごとなんだろうなと感じてしまう映画です。

私の体験ではロスでタクシーに乗ったら運転手さんが「お〜オメ〜等はあれか?観光か?ビビる事はないほら」

とダッシュボードから銀色の回転式拳銃を観せてくれました。

いやいやお前が怖い。から。。。

時はロスで暴動があった頃でして遠くのビルから黒煙(多分放火されてる)が上がってたり。ラジバン〜。。。

ハワイでは友人の住んでるマンションの顔馴染みのセキュリティー(主に駐車場の入場管理)のオジさんが銃で殺された事もありました。

有名なパールハーバーの大型ショッピングモールでは普通に銃の店がある。(日本で言えばイオンにあるような)

アメリカは全米ライフル協会、日本でも経済界が推奨する核が散弾銃のように暴発しまくってますね。

内容は暗いですが、映画としては凄くよく出来た映画です!

a0175545_22233583.jpg


サラ・マクラクランの歌も良かったです


今日もBS-japanの放映だったのですが前に紹介したウォルター少年と、夏の日も8/15の21時から再び放映するようなので気になる人は是非!
[PR]
by ya-bi-tu | 2011-08-10 05:35 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30