NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

お好み焼き

昨日の続きです!

16時に釣りを終了。朝からコンビニのオニギリとサンドウィッチだけでしたのでお腹が減ってきました!

晩ご飯は海風で冷えた身体を温める為にも温かいものを早めに食べようと川崎から地元まで帰れば1時間くらい。

しかし先日Cが勤め先の社長に聞いたと言っていたお店 今度行こうね〜なんて言っていたが近いしついでだ(今度がいつになるかわからないしね)ってんで行ってみました!

16時半に電話をしてみると「はい大丈夫。17時半からです」

そこは有名な蓮沼の福竹。近くに知る人ぞ知るトリカラのお店Uなんかもある蓮沼(蒲田地区)

携帯で福竹が紹介されてるブログなんかを観ながら「色々面倒そうだね」とか談笑しながら時間をつぶして口開けの1番乗り
a0175545_15423629.jpg

なんでもない商店街の中にある普通ちゃ普通な店構え
お座敷で4人座り鉄板テーブルが5卓 開店から30分程は他の客が来ない
席につくなり娘さんのマシンガントーク 店に来るまでの蓮沼駅からの話やこの店のルールを一通り
Cの話ですと「お好み焼きのコースのようなお店らしいの〜」
メニューにコースは無く至って普通。しかし注文の際に謎は解ける!
一通りの注文を終えると、、、
店「あれ?はんぺんはいいの?うちははんぺんも有名なのに」
私「あ!じゃはんぺんも是非是非!」
そうです!この店は店ルールがあるちょいと拘りなお店(笑
蘊蓄がたくさんアリ〜の昔の月島もんじゃのような感じ
そういうの嫌いな人は絶対に行かないで下さい!

a0175545_1543261.jpg

まずはお好み焼き福竹天
生地が少なくキャベツが殆どで豚は細切れの物「うちは豚は1枚使わないの。おいしくならないから」と。。。
テーブル&鉄板にばさばさ落ちる感じでリズミカルに混ぜる混ぜる。「混ぜ過ぎも駄目。グルテンがほにゃらら」
ただただ圧倒され観ている
この状態から10分程焼き返して7分〜8分だそうです!
その間にバター焼きを食べるのがこの店のセオリーらしい

a0175545_154335100.jpg

はんぺんも拘りの物らしい
隠し包丁が入っており忙しく焼きを入れる娘さん バターの香りが堪りません!

a0175545_15435422.jpg

砂肝
マグロブツのような美しい色

このような状態で焼かれていきます。
この間も一切喋りは止まりません(笑
お陰で写真のタイミングが難しく撮り逃しが多い(笑

a0175545_15442578.jpg

はんぺんはまずそのまま食べる バター風味が旨い!
次に特製の醤油ダレで これは柑橘系の感じでまた良し!
次はマヨネーズを鉄板へ 半分ほど溶けたら三河産の青のりを盛大に絡める!ここで店のママさん登場!
「今よ!」
何でもマヨに火が入り過ぎると美味しくない(酸っぱくなるらしい)
これがマヨ&青のり好きには堪らない旨さ!青のりケチるとこの味は出ないそうです(以前は四万十の海苔だったが今は入手が大変らしい)
マヨが苦手かどうかは先に聞かれるのでマヨ苦手も安心です!

a0175545_15444728.jpg

砂肝も最初は塩胡椒バターで旨い!!!
次は特製醤油
そして鉄板で一味を焼いて(このスパイス類も拘りの物でした)香り、辛味が極まった物を付けて食べる!
久々に旨い砂肝を食べました!(柔らかで本当にオススメです!)

a0175545_15451049.jpg

そんなこんなでお好みが焼き上がります!
鰹節も血合いの少ない部分を豪快に振ってくれます!
これが旨いのなんのってね。。。
豚の脂でコートされ蒸し焼きにされた各具材の味がソースに絡まり最高です!
ここまで五月蝿いのも納得の味

a0175545_15455665.jpg


まだ食べれるねと相談(ここでピーマンのバター焼きが出てきましたが写真忘れました!甘くて美味しかった!)
焼きそばにしてみようか?とイカ焼きそばを注文すると、、、
「え!イカで良いの?豚のが美味しいから!イカ食べたいならバター焼きのが良いよ」と
Cとなんでメニューにあるんだろうね?と小声で笑い「はい!豚やきそばで!」
これが焼かれる前の皿を観てビックリ!凄い量だ!
Cと小声で「ヤバイね。食べきれないよコレ。。。」
そしてママさんの焼きそば蘊蓄を聞きながら焼かれる様子を観ているとソバが美しく焼かれて行く!
それはソバが踊るような美しい光景でした!

a0175545_15463251.jpg


この焼きそばも絶品!
もしかしたら私史上最高の焼きそばかも!
お腹一杯だったのにソースの旨さ ソバの絶妙な焼き具合 兎に角軽い
お替わりからは小皿に残ってる特製醤油を投入 拘りの白七味や黄金一味で味に変化を
この店大当たりでした!
勿論Cもお替わりで完食(ほんとウソのようにお腹に入ってく)
ママさん「うちで満腹になっても絶対にもたれないから」

一切鉄板に客が触れてはいけない店は美味しい物を提供したいという気合いの店
他の席の家族4人 お兄ちゃんと妹は店の迫力に圧倒され目を白黒させ無口になってました(余計な事をすると大人も怒られる。両親が知らない婆さんに怒られる姿をビックリ顔で観てる姿が印象的でしたw)

私はこのようなちょっと五月蝿い店(デートで使うと相手との会話は少なくなるが飽きないで楽しめます)アリ
ひとつのアトラクションのような(ジャングルクルーズならぬ焼きクルーズのような二時間強)福竹
少し口の悪いママさんも下町のような雰囲気で大好きな店になりました!(笑
[PR]
by ya-bi-tu | 2011-05-06 17:45 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30