NOPPIKINARANAI

yabitu.exblog.jp ブログトップ

お好み焼きに好まれない

ツイッタ仲間の方が「吉祥寺でおすすめの飲食店ある?」との事でここ数年行ってないが気になっていたお店を調べてみました。

吉祥夢と言うお好み焼き屋さんで高校時代に友達に教えてもらった店でして、最期に行ったのは5年前くらいか。

狭い店内はドデカイ鉄板を囲むテーブルがあるだけで10人も座るといっぱいなお店で畳一畳よりデカイと思われる鉄板に注文関係なく凄い量のお好み焼きが焼かれています!
その光景はお祭りの屋台のアレより強烈な量

店構えは前は喫茶店だったのか入り口は狭く、ガラスには紙等が貼られ中の様子は見えません。

店内は良く言えば山小屋風でウッディーな内装。インド系の楽器や本、写真等が置いてあったと思います。

焼いてる店主さんはインドの修行僧のような出で立ち

髪はドレッドのようなロングで眼鏡、ガラムを吸いながら黙々とお好みを焼きまくる(笑

メニューは無かったと思います(笑

座るとレモン風味の水が出される。ビールは瓶で水で冷やしていたような記憶が。キュウリ的なアテが一種あったような気がします(笑

そして焼けた順からお好み焼きが提供されて行く訳です
お好み焼きの具もダイナミックでしたね
巨大なイカや春菊(春菊なんか殆ど切ってない)

その量の多さたるや、、、普通の成人男子なら充分お腹いっぱいになる量で値段は1000円だったか、、、

そして顔馴染みだった私なんかには巨大なお好み焼きの切り分け作業時に出る破片的な物を黙って私の前の鉄板に追加してくれます(これが地味に恐怖で食べきれないんですよ)

昔付き合ってた彼女とも何度か行きましたが女子は食べきれない量です!

そんな事から店内では食べなくなりお持ち帰り用を一つ買って二人で食べる(調度良い量)事が多くなりました。

持ち帰り用をストックしておくケースも昔の氷で冷やす木製冷蔵庫を使ってたな(笑

ここ数年は吉祥寺に行く時はいつも気になってたんですがチャンスがなく行けなかったんです。

で、冒頭の調べました所2007年に閉店していた。。。

昔から頻繁に急に店休んでインド放浪してるような店主さんでした。

ライフワークだった屋久島でもう一旗揚げてるとの事

いつも若い女の子バイトが何人か居たしもの凄い繁盛店だったので潰れる事は無いと思っていたが屋久島かよ〜(笑


まぁあの店主さんのやりそうな事だ。取っ付き難い雰囲気だったが関西弁の優しい人だったな。元気かな?

とある方のブログより写真見れます!


こうして何故か好きなお好み焼き屋さんに中々辿り着けない私です(鎌倉駅の裏にも素敵な店があるんだよな)
[PR]
by ya-bi-tu | 2011-03-04 16:33 |
line

不言実行をモットーに掲げる童心の中年日記


by やびつ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30